餞別としてプレゼントを贈るときの予算とマナー

日本では古くからお祝いや贈り物をするときには縁起を担ぐ習慣があります。喜んでもらうためには選び方や、渡し方のマナーを守らなくていけません。最近は、若い世代を中心に、縁起よりも実用性や欲しいものを優先したいという人も多いので、そのような場合には問題ありませんが、目上の人や年配の人に贈るときには誤解を与えないように、餞別にはNGな品物や熨斗(のし)について知っておくと良いでしょう。

餞別のプレゼントを贈るときに熨斗(のし)は必要?

餞別は昔からの風習として贈られているものなので熨斗が必要です。でも、仲の良い友人やママ友、子どもの友だちに贈る場合には、ギフト用のラッピングで良いでしょう。

餞別の表書きには、「御餞別」「おはなむけ」と書くのが一般的ですが、別れの理由はおめでたいときと、そうではないときがあります。相手に不快感を与えないためには理由によって変えなくてはいけません。栄転や定年退職、結婚など別れの理由がおめでたいときには、「御栄転祝い」「定年退職御祝」「御結婚御祝」と書くと喜んでもらえます。病気や中途退職などうれしくない理由があるときには「御礼」「感謝」と書きましょう。

餞別のプレゼントの予算はどれくらい?

餞別のプレゼントの予算は相手との関係性によって変わります。餞別はお返しの必要がない贈り物なので、相手の負担にならない金額で用意しましょう。

・上司へ贈る場合の予算

上司の転勤や退職で餞別を贈る場合には、個人的に贈るなら3,000〜5,000円程度、同僚と合わせて贈るときには10,000〜30,000円程度が目安です。

・友人、同僚へ贈る場合の予算

友人や同僚へ個人的に餞別を贈る場合には3,000〜5,000円、友達同士や同僚と合わせて贈るときには1人500〜1,000円程度出し合います。

・ママ友や子どもの友だちへ贈る場合の予算

仲良くしていたママ友や子どもの友だちへ贈る場合には、1,000〜3,000円程度が目安です。仲良しだったグループで贈る場合には1人200〜300円程度出し合います。

・家族や親戚に贈る場合の予算

家族や親戚には、引っ越しで遠くに行ってしまう場合でも「餞別」という形ではプレゼントは贈りません。進学や就職で引っ越す場合には、「進学祝い」「就職祝い」。家を建てた場合には「新築祝い」という形でプレゼントを贈ります。予算は10,000〜50,000円程度です。

餞別のプレゼントを贈るときのマナー

餞別とは『遠くへ行く人への別れのしるし』として金品を贈ることです。以前はお金を包むのが一般的でしたが、最近は思い出を残すという意味で品物を贈ることも多いようです。餞別としてふさわしくないNGなものを覚えておきましょう。

・燃えるもの

引っ越しを伴う人への餞別の場合には、火事を連想させる燃えるものは縁起が悪いためNGとされています。ライター、灰皿、お香、キャンドルなどは相手から望まれない限り避けたほうが無難です。

・踏み付けるもの

転居先で使ってもらえるものは喜ばれますが、玄関マットやスリッパなど踏み付けるものは、相手を下に見ているという印象を与えてしまうためNGです。

引っ越しを伴う人への餞別のプレゼントはかさばらないものが喜ばれる

餞別のプレゼントとしては、思い出に残るものや、新生活で使ってもらえるものが人気があります。ただ、それらは贈る側が喜んでくれるだろうと思うものであって、実際贈られる側に立つと違った意見が見えてきます。

餞別のプレゼントでもらってうれしいものとは?

餞別を贈られる人がもらってうれしいと思うのは、『かさばらないもの』です。贈る側としては見栄えの良さも重視したいと思いますが、本人は片付けや引っ越しの準備で慌ただしい時期です。特に、引っ越しの荷物をまとめたあとで、大きなプレゼントをもらうと、また荷物を詰め替えなくてはいけなくなりとても面倒です。

餞別の定番の花束も引っ越しの準備をしていれば部屋に飾ることもできませんし、持って移動するのも大変なので、渡すなら時期や大きさなども考慮したほうが良いでしょう。

もらう側がうれしいのは、電子チケットやウェブで閲覧できるもの、薄くて軽いものなどコンパクトなものなのです。

寄せ書きなら、オンラインで贈れるネットで作る寄せ書きは人気がありますし、カタログギフトやカフェチケットなど、引っ越しの荷物をまとめていても邪魔にならないものが喜ばれます。

贈る側からするとあまり見栄えがせず、これでいいのか不安に思うかもしれませんが、新生活に向けて準備をしている最中なので、邪魔にならずに感謝とエールを伝えられるものを選びましょう。

meechoo掲載中!餞別のプレゼントにおすすめ“かさばらない”ギフト

転勤などで引っ越しを伴う別れのときには、かさばらないギフトがおすすめです。ここではmeechoo掲載中のギフトの中から引っ越しのときに邪魔にならないコンパクトなギフトをご紹介します。

オンラインで寄せ書きが作れる【スゴヨセ】

endProduct52

餞別のプレゼントとして定番の寄せ書きですが、意外とかさばりますし、紙なので丁寧に扱わないと破れてしまうため、引っ越しの荷物に詰め込むわけにはいきません。また、もらったときはうれしいですが、時間が経ったときに処分に困るという声もよく聞きます。オンラインで作る寄せ書きは、これまでのように色紙にして贈るのではなく、ウェブやPDFファイルで贈れます。荷物になりませんし、見たいときにはいつでも見られてとても便利です。

カフェチケット 全国版

endProduct3075

好きなときに、好きなお店で、好きなメニューに使えるカフェチケットは自由度の高さが魅力です。新しい場所でお気に入りのお店を見つけられるきっかけになるかもしれません。

カフェチケット(eギフト)

endProduct3057

こちらのカフェチケットはLINEやメールで贈れます。プレゼントとして形はなく、スマホからいつでもチェックできて使えるという利便性の高さが魅力です。メッセージを添えて贈ると喜んでもらえると思いますよ。

オーダーシャツチケット

endProduct3061

就職や転勤、独立などで餞別を贈るならオーダーシャツチケットがおすすめです。サイズだけでなく、生地やボタンまで好みに合わせた1枚を作れます。

Relax Gift(GREEN)

endProduct3049

新しい土地での生活はワクワクする反面、引っ越し作業や慣れない場所での生活で疲れやストレスも感じます。緊張をほぐしてホッと一息つく時間をプレゼントできる体験型のカタログギフトも喜ばれます。

新しいステージに旅立つ方へ餞別のプレゼントを贈って応援しよう

餞別のプレゼントは、今までのお礼の気持ちとこれからもがんばってという気持ちを込めて贈ります。引っ越しを伴う場合には、手間を増やしてしまうので、大きなものは避けて、コンパクトでかさばらないものを選ぶと喜んでもらえますよ。


endContent773


endContent712

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪