「故人を偲ぶ会」の意味やタイミングをあらためて考える


まずは、故人を偲ぶ会の意味やタイミングについて確認しておきましょう。

故人を偲ぶ会のタイミングや形式はさまざま

故人を偲ぶ会に、「この時期におこなうべき」といった決まりはありません。 主に、以下のようなタイミングでおこなわれることが多いです。
●家族や親族だけのお葬式のあと、同じ日
●故人の四十九日法要のあと
●故人の一周忌のあと

お葬式は集まれる人数に限りがあり、細かくルールが決まっていますが、偲ぶ会ではより自由な形式で、ゆかりのある多くの人があいさつできます。

故人への思い出やメッセージを共有する機会になる

故人を偲ぶ会は、お葬式よりも宗教的な色合いが薄いことも特徴のひとつです。 四十九日や一周忌のときは喪服が定番ですが、故人を偲ぶ会は、親族の意向によっては平服でおこなわれることもあります。

偲ぶ会の意味はタイミングによって異なりますが、故人へお別れメッセージを伝えたり、近況報告をしたりすることがメインです。 仕事や生活であわただしい日々を送っていても、関係者一同で集まって時間を過ごすことで、故人へ思いをはせることができます。

「故人を偲ぶ会」のためにみんなで寄せ書きを作ろう


故人を偲ぶ会では寄せ書きを作り、みんなで思い出やメッセージを共有してみてはいかがでしょうか? 遺族や参列者に配慮して準備するために、事前の確認ポイントなどを紹介します。

寄せ書きの確認ポイント|遺族の同意を得て気づかいのある行動をする

故人へ向けて作成した寄せ書きは、遺族が受けとる形になります。そのため、遺族に「故人へのメッセージをみんなで集めること」「仏壇などにお供えさせていただくこと」の了承を得ておきましょう。 世間にはさまざまな家庭事情があるので一概にはいえませんが、故人を思ってくれる人がいることは、遺族の心の支えになることもあります。遺族と接する際は、相手の立場を考えた配慮ある行動を心がけてください。

寄せ書きのメリット|参列者が自分や周りの人の気持ちと向きあえる

故人を偲ぶ会のために寄せ書きを集める仕組みがあると、自分や周りの人の思いを言葉で表現しやすくなります。 故人へのメッセージも、頭のなかでただ思っているだけでは、雲のようにふっと消えてなくなってしまうものです。 寄せ書きなら、なかなか伝えられない感謝なども目に見える形で残せるため、人それぞれの気持ちの整理をつけることにもつながります。

寄せ書きの作成スケジュール|事前に集めておいて偲ぶ会でみんなが読めるようにする

せっかく寄せ書きを作るなら、偲ぶ会で遺族に手渡しできるように計画したり、食事の席でみんなが読めるように準備したりしておきましょう。 しんみりと落ちこんでしまいがちな集まりですが、思い出話に花を咲かせることも可能です。故人もきっと喜んでくれるでしょう。

お葬式後・四十九日・一周忌などの「故人を偲ぶ会」で使える寄せ書き例文


お悔やみの場面では、重ね言葉(「またまた」「たびたび」など)や忌み言葉(「死」「苦」など)は使わないようにしてください。 また、遺族がメッセージに目を通すことも想定してていねいに言葉を選ぶ必要があります。

とはいえ、形式的なメッセージに強くこだわりすぎる必要はありません。 今回はお葬式よりカジュアルなシーンも想定して、タイミング別の故人への寄せ書き例文をまとめました。自分の思いにしっくりくる言葉を見つけるために、ぜひ参考にしてみてください。

お葬後の故人への寄せ書きメッセージ

●おじいちゃん、いつも元気に子供たちの遊びにつきあってくれてありがとう。悲しくてたまらないけど、どうか空で見守っていてね。
●まだ信じられないけど、高校で○○ちゃんと出会えて、いっしょに部活を楽しめたことを誇りに思います。いつも優しい笑顔で励ましてくれてありがとう。どうか安らかにお眠りください。

四十九日の故人への寄せ書きメッセージ

●○○さん、在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
●もう四十九日ですね。たくさんの思い出を私といっしょに作ってくれてありがとう。心よりご冥福をお祈りします。

一周忌の故人への寄せ書きメッセージ

●一周忌の現在、あらためて悲しみがつのります。天国で元気にしていますか?
●ご生前の○○さんの笑顔が、いまも私を励ましてくれます。いつもありがとう。

【製本可能】「故人を偲ぶ会」におすすめの寄せ書きサービス


endProduct52

故人を偲ぶ会に向けて寄せ書きを準備するなら、オンラインで作る寄せ書き「スゴヨセ」がおすすめです。

スゴヨセの特徴|離れた相手からもネット上で寄せ書きを集められる

スゴヨセなら、みんなで実際に集まらなくても、故人を偲ぶ会までにネット上で寄せ書きを作成することが可能です。 また、故人を偲ぶ会に参列できない人からもメッセージを集められるため、たくさんの人の思いを故人へ届けられます。

スゴヨセの特徴|デザインのバリエーションが豊富&検索機能が使いやすい

寄せ書きのデザインバリエーションが豊富なのも、スゴヨセのうれしいポイント。 さらに、「贈る相手の年代」「ブックカラー」「デザインテイスト」などで簡単にしぼり込めるので、たくさんのデザインのなかから相手にぴったりのものを見つけられます。

スゴヨセの特徴|リーズナブルに高品質な製本が可能

スゴヨセは、ネット上で集めたメッセージを「A5スクエア」または「A4スクエア」の形式で製本オーダーできます。 高品質なハードカバーなら仏壇などにもお供えしやすく、故人を偲ぶ会の改まったシーンにもふさわしい見た目になります。


endContent1106


endContent1102

「故人を偲ぶ会」の香典や贈り物は遺族の意向に合わせて

故人を偲ぶ会では、香典や贈り物を用意する場合もあります。しかし、お葬式のように形式が決まっているわけではないので、遺族に事前によく確認するようにしてください。 状況に合わせて、寄せ書きといっしょにお供え物などを用意できれば、よりていねいな印象になるでしょう。


endProduct3272

endProduct4612

endProduct4292


endProduct2608


endProduct4041

endProduct4466

endProduct4470

まとめ|寄せ書きで故人へのメッセージを形に残そう

故人を偲ぶ会は、亡くなった人への思いを整理したり、メッセージを伝えたりするための大切な機会です。 日常生活でうもれてしまいがちなそれぞれの思いを、ネット上の寄せ書きサービスを使って形に残しておくことをおすすめします。 寄せ書き作成は、故人にとってだけでなく自分や周りの人にとっても、大切なふり返りの時間となることでしょう。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
オフィス・ビジネスチーム

社会人必見!ビジネスシーンで大活躍するハイエンドなアイテムから、オフィスに置いておきたい便利なグッズまで取り揃えてご紹介しています。