メニュー

定年退職者に寄せ書きを贈るときの注意点


定年退職者に寄せ書きをする際は、以下のポイントに着目して準備を進めましょう。
・寄せ書きを渡す時期や時間を考える
・寄せ書きを書きこむ人数を把握する
・寄せ書きを渡す形式を選ぶ

寄せ書きの注意点1|寄せ書きを渡す時期・時間を考える

定年退職の日付を確認し、寄せ書きを渡すタイミングを考えます。 寄せ書きを渡す時期は、早すぎると会社から追いだしているような印象を与えますし、遅すぎると準備不足の印象を与えます。

寄せ書きを手渡しする一般的なタイミングは、退職日(または出勤最終日)のあいさつの最後です。メールなどでメッセージを贈るときは、退職日の午後、引き継ぎ業務がすべて落ちついたときがおすすめです。

寄せ書きの注意点2|寄せ書きを書きこむ人数を把握する

寄せ書きメッセージを書きこむ人数について、作成前におおまかに把握しておくと安心です。

誰に寄せ書きを依頼するかによって、作成にかけられる時間も変化します。 多忙な目上の方に対して、「明日までに寄せ書きを書いてください」と依頼するのは失礼になることもありますよね。

また、書きこむ人数によっては、作れる寄せ書きの形式が異なります。 数十人以上の大人数だったら、手書きの色紙を手回しするよりも、オンライン上でメッセージを集めた方が、早く確実に寄せ書きを作成できます。

ケアレスミスの防止のためにも、書き込み予定者と総人数をリストにして、寄せ書き幹事がしっかりと進行管理をするようにしましょう。

寄せ書きの注意点3|寄せ書きを渡す形式を選ぶ

寄せ書きを渡す形式は、主に「有形(実際に形に残るもの)」「無形(ネット上で見られるもの)」の2種類があります。

有形の寄せ書きとしては、色紙や製本型が挙げられます。製本型は色紙よりも高級感やきちんとした印象があり、定年退職の寄せ書きに向いています。

無形の寄せ書きには、Webページ版やPDF版があります。メールやチャットで寄せ書きを送信できて、ネット上で閲覧できるのが特徴です。仕事上の相手や離れた相手にも気軽に送りやすいため、近年人気を集めています。 ただし、注意点もあります。Webページ版の寄せ書きは0円で作れる場合が多いですが、閲覧期限が(1ヶ月程度)あるものが一般的です。サービスごとに異なるので、よく確認して作るようにしましょう。

定年退職者に喜ばれる寄せ書きのコツ


定年退職者にメッセージを書く際は、以下の点を意識すると喜ばれる確率が高くなります。
・素直な感謝の気持ちを伝える
・退職を前向きにとらえられる言葉を贈る
・失礼がないけど親しみのあるメッセージをつづる

寄せ書きのコツ1|素直な感謝の気持ちを伝える

まず忘れてはいけないのが、感謝の気持ちをしっかり伝えることです。 長年の勤務に一区切りをつけた人に対しては、「ありがとう」という言葉では伝えきれない思いがあるかもしれません。ぜひあなたらしく、個人的なエピソードや感じたことを素直に書きこんでみてください。

寄せ書きのコツ2|定年退職を前向きにとらえられる言葉を贈る

いざ定年退職をする年齢になると、仕事から離れることを喜ぶ人もいれば、悲しむ人もいます。 退職をすることは、これまで一心不乱に仕事に取りくんできた人にとってはさみしいことかもしれません。職場に自分の居場所がなくなって、「これからどうしよう」と落ちこんでしまう可能性もあります。

そんなときこそ、寄せ書きを通して、未来に向けてポジティブなメッセージを贈ってあげてください。 同じ職場の人や家族から届けられた明るいメッセージは、寄せ書きをもらったときだけでなく、その後も長期的に背中を押してくれる言葉になるでしょう。

寄せ書きのコツ3|失礼がないけど親しみのあるメッセージをつづる

職場から定年退職者に寄せ書きを贈るときは、堅苦しいメッセージになりやすい傾向にあります。 もちろん目上の人をうやまうことは大切です。しかし、あまりにも形式ばった文章は、心がこもっていないように感じられてしまう場合があります。 創意工夫をして、あたたかみのある文章を目指していきましょう。

定年退職者の心に残る寄せ書き例文(社内の同僚から・家族から)


定年退職者への寄せ書き例文を、そのまま使える形式でまとめました。 会社用・家庭用のメッセージから、ぜひ参考にしてみてください。

【会社から】定年退職をする人への寄せ書き例文

・ながらくのお勤め、お疲れさまでした。お体にお気をつけて、これからはゆっくりお過ごしください。
・○○さん、いままでありがとうございました。居酒屋で親身に相談に乗っていただいたこと、とても感謝しております。これからも元気でお過ごしください。
・定年のご退職、誠におめでとうございます。○○さんから教えていただいたことを忘れず、これからも精進していきます。大変お世話になりました。
・おめでとうございます。○○さんのお姿が見られなくなるのはとてもさみしいです。いつも明るい笑顔で社内を照らしてくださり、ありがとうございました。どうかお元気で。

【家族から】定年退職をする人への寄せ書き例文

・お父さん、定年退職おめでとう!どんなときでも仕事を頑張ってくれてありがとうございました。これからはもう少しゆっくり過ごしてね。
・長年のご勤務、ありがとうございました。お父さんの背中を見ながら、「こんな社会人になりたい」とずっと思っていました。今度は僕が家族を支えるね!
・ご定年、誠におめでとうございます。どうぞゆっくりお体を休めて、第二の人生を楽しんでください。

忙しくても・離れていてもOK!定年退職者に寄せ書きを贈るなら「スゴヨセ」が便利


endProduct52

定年退職者への寄せ書きを作成するとき、社内の人がリモートワークや外回りで集まりづらかったり、家族が遠方に住んでいてメッセージを集めづらかったりすることもありますよね。 そこでおすすめなのが、ネット上で寄せ書きを作成できる本型の寄せ書き「スゴヨセ」です!

スゴヨセなら、専用URLを共有するだけで、好きな時間にメッセージを書きこみ、おしゃれな寄せ書きをデザインすることが可能です。 寄せ書きのタイプは、「製本」「PDFデータ」「Webページ」の3種類。それぞれに特徴が異なるので、ぜひサイトから詳細を確かめてみてください。

さらに、スゴヨセには写真を入れることもできます。本タイプなので好きなページに写真をいれることがでるため、思い出を振り返る一冊にすることもできますよ!

まとめ|定年退職する人へ、心に残る最高の寄せ書きを贈ろう

定年退職する先輩・上司・家族へ寄せ書きをつくるコツや、例文を紹介してきました。 定年退職の寄せ書きは、仕事に一段落つけた後の「第二の人生」への希望のメッセージにもつながります。 お世話になったことへの感謝や、長年の勤労の敬意を込めて、ぜひあなたらしく言葉を書きこんでみてください。


endContent1337


endContent1303


endContent1230

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪