結婚式のサプライズは寄せ書き✕スクリーン

たくさんの方にとって人生に一度の結婚式。そんなめでたい場でのサプライズはお決まりですか?寄せ書きを集めて贈ろうかなと考えている方や、スクリーンを使って目を引くイベントをしようかと考えている方もいるのでは?

せっかく寄せ書きを作るならみんなからのお祝いと祝福が詰まった寄せ書きをスクリーンに映して上映してはいかがでしょう。これから紹介する寄せ書きサービスを使えば結婚式前だけでなく、結婚式中にもメッセージを集めることができ、さらにスクリーンに映してみんなで読むことができますよ!

スクリーンに映すならスゴヨセがおすすめ

endProduct52

スゴヨセとは...

オンラインでメッセージ集めから編集、完成まで完結する、ブックタイプの寄せ書きが簡単に作れるサービスです。

PCさえあればあっという間に寄せ書きを完成させることができる便利さ、お洒落なデザイン、特別感のある製本化など、特別な寄せ書きを作る時に利用していただけます。参加者からメッセージだけでなく、写真も集めることができるので、華やかなメッセージフォトアルバムを作成することもできます。

オートプレビュー機能が便利

スクリーンでスゴヨセを映すなら、自動でページをめくってくれる「オートプレビュー」の活用がおすすめです。149ページまでなら使用することができます。

詳しい使用方法はこちらのページをご覧ください。
■オートプレビュー機能をリリースいたしました|スゴヨセ
https://sugoyose.jp/news/detail/1177

スマホでメッセージがこっそり集められる

スゴヨセは、スマホもしくはPCからメッセージや写真を集めることができます。ということは、会場でもこっそり集められるのです。

寄せ書きの良いところは「たくさんの人」からのメッセージを一度に見ることができ、心が温かくなることなので、スマホを持っている人からなら簡単にメッセージが集められるスゴヨセはぴったりですね。

PCがあればその場で完成させられる

スゴヨセの編集はPCでしかできませんが、逆を言えば、PCさえ会場に持ち込むことができれば簡単に完成させることができます。編集して完成ボタンを押せた時点で寄せ書き完成なので、データ量にもよりますがその場で完成させることができます。

製本やPDF化も可能

スゴヨセは、完成後3パターンで楽しむことができます。Web閲覧(90日/無料。90日追加有料)、PDF(有料。※)、製本です(有料)。相手に合わせて贈る形態を変えたり、すべてをプレゼントすることも可能です。※印刷不可仕様


endContent1447

【結婚式】寄せ書き✕スクリーンサプライズ手順

0.関係者に許可をとる/リハーサル

事前に関係者に「スクリーンを使用したい」や「参加型の企画をしている」などの許可をとりましょう。

主催者側が結婚式の段取りをしっかり決めていることがほとんどであるため事前に言っておかないと迷惑に思われたりNGを出されてしまう可能性もあります。それとなくコンセプトを聞き出してそれに合わせた演出にするのもおおすすめです。

またちゃんと予想通り動くかや当日の手順を事前に練習しておくと計画が立てやすくなり安心です。

■こちらのスゴヨセサンプルで操作方法を確認!
サンプル1
サンプル2
サンプル3
※サンプルは全て購入可能です。購入に進むと費用が発生しますのでお気を付けください。
全画面で表示したい時は「F11」ボタンを押してください。

詳しい使用方法はこちらのページをご覧ください。
■オートプレビュー機能をリリースいたしました|スゴヨセ
https://sugoyose.jp/news/detail/1177

1.事前にメッセージを集める

ここでは、連絡先が分かる人や当日来られない人から事前にメッセージを集めます。LINEやメールなどでこっそり集めていくとばれにくいですよ。

2.会場でURLやQRコードを配り集める

連絡先を知らない人や当日会場に来る人からは、式当日にメッセージを記入してもらいましょう。

また、会場でみんなが撮った写真を集めるとより盛り上がる寄せ書きが作れます。

受付や席にメッセージを集めるためのQRコードと注意事項を書いた紙を置いておくと各々こっそり作業ができるのでお勧めです。

ご年配の方などは操作方法がわからない場合もあるので、新郎新婦ではなく企画者に質問しに来るよう案内を書いておくと混乱が防げます。

■紙に書く内容
・QRコード
・寄せ書きの意図
・主催者名
・締め切り時間(余裕を持った時間を設定)
など

3.寄せ書きの編集

締め切り時間が過ぎたら早速寄せ書きの編集作業を始めましょう。

PCがないと作業ができないので、PCとwifi設備を用意しておきましょう。電波や通信速度が弱いとうまく編集できないことも多いので、会場のwi-fiではなくポータブルwifiなどを持っていくと安心です。またこの編集の際に不適切なメッセージがないかもよく確認しましょう。結婚式から修羅場になるのは避けたいところです.。

また、後日製本化をして贈る予定の場合は、分冊機能などを使い、一冊あたり41ページ以内に収まるように完成ボタンを押す前に調節しましょう。
■ページ枚数が上限を超えたスゴヨセを複数冊に分けられるようになりました|スゴヨセ
https://sugoyose.jp/news/detail/1120

4.スクリーンで上映

完成したらスクリーンで上映開始!「オートプレビュー」モードを使えば自動でページがめくられます。

事前に、再生方法や、正しく再生できるか、ちょうど良い再生速度などを確認しておくと安心です。一緒に音楽などを流すとより盛り上がりますね。

5.後日寄せ書きを製本してプレゼント

完成した寄せ書きを後日製本して新婚夫婦にプレゼントしてサプライズギフト完了です。


endContent1451

サプライズにスゴヨセを利用する場合の注意点

自動再生できるのは149ページまで

150ページ以上の寄せ書きはオートプレビューができないようなので注意が必要です。また、製本ができるのは41ページまでなので、後日製本版を購入する予定の場合は、分冊機能などを使って工夫しましょう。

「完成」ボタンを押したらもう編集できない

スゴヨセで最も気を付けて欲しいポイントのひとつがこの、「一度完成させてしまったら編集不可」の機能です。一度締め切りをしても再度募集することはできますが、一度完成させてしまうともう引き返すことができません。しっかり修正箇所がないか確認してから完成ボタンを押しましょう。

推奨環境

スゴヨセを編集したり、メッセージを入力したりする際は、推奨環境内で行いましょう。

■推奨環境
・Safari
・Google chrome
・Mozilla Firefox
※Internet Explorer / Microsoft Edgeでの正常動作は保証いたしかねます。
スゴヨセ公式より


また、特殊な絵文字顔文字などを入れるとうまく反応しなくなることがありますので注意が必要です。

おすすめの画像サイズ

もし、後日製本化をして贈る場合は、画像のサイズにも気を付けましょう。

■推奨画像サイズ
・表紙
1024 x 1024px以上

・画像ページ
横2480 ×縦1370px以上

・アイコン
1000 ×1000px以上
※.JPG(.JPDG)もしくは.PNG推奨
スゴヨセ公式より

回線速度(通信速度)とページ数

スゴヨセは完成する前に1度データをダウンロードして確認する必要があります。

その時、インターネットの回線速度(通信速度)が遅かったり、ページ数が多すぎたりするとダウンロードに時間がかかりすぎたり(※)、ダウンロードできない場合があります。

PCのデータ容量や回線速度は事前に確認しておきましょう。

※100ページ近いものの場合、通常でも15分以上かかる場合がありますので余裕をもってご計画ください。

新郎新婦両方へのメッセージを募る

もし可能であれば、新郎へだけ、新婦へだけのメッセージではなく、新郎新婦両方へのメッセージを募りましょう。会場での上映中はもちろん、製本化して贈った後も新婚夫婦ふたりで楽しく見ていただくことができます。

寄せ書き✕スクリーンでこっそり準備してしっかりサプライズ

いかがでしたでしょうか。こっそりメッセージを集めて、しっかり目立つサプライズで祝福するのにスゴヨセはぴったり!事前準備もしっかり行い、素敵な結婚式をもりあげてくださいね。


endContent1424


endContent1415

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪