メニュー

入院患者のお見舞いには「花束(生花)」?

実は今、入院患者のお見舞い品に生花を禁止する病院が増えています。お見舞い品に生花を考えている方はまず、病院に確認しましょう。

なぜ禁止する病院が増えているかというと、生花から「緑膿菌」という細菌に感染する恐れがあり、衛生的に問題があるからです。

仮に許可されていたとしても、他の人と同部屋だとほぼ物を置くスペースがありませんし、生花の世話には手がかかります。看護師さんは花の世話まではしませんし、入院患者の付き添い人も忙しい人が大半でなるべく手間のかかることはしたくありません。

どうしても花を贈りたいときには、生花ではなくプリザーブドフラワー(かつスペースを取らないもの)がオススメです。

入院患者のお見舞いには「食べ物」?

こちらもお見舞い品の定番「食べ物」。ですが、食べ物を禁止している病院も増えてきています

服薬中の薬との兼ね合いや糖分や塩分など健康管理上の問題があったり、生鮮品などは腐りやすく衛生的にNGとしていることが多いのです。

食べ物のお見舞い品を考えている方も、事前に病院への確認が必要です。

それと、これは言わずもがなですが

健康食品やサプリメントの差し入れはやめましょう。

「ネットで〇〇(病気)に効くって聞いたから……」といってお見舞い品にする人もいるそうですが、逆に健康被害を出してしまう可能性がありますし、物によっては医薬品医療機器等法に触れるおそれがあります。

入院患者が本当に欲しいものとは?

では入院患者が欲しいものとは一体どんなものでしょうか?次にそのアイデアを挙げてみたいと思います。

①入院中の悩みに即したものを差し入れる

病状や年齢によっても悩みは異なりますが、例えば相部屋で熟睡しづらい、暇つぶしが欲しい、病院食が物足りない、脚のむくみや腰痛が気になる、乾燥して肌がカサカサ……などいろいろありそうですね。

②病気や手術によって不自由になった動作がある

嚥下(えんげ・ものを飲み込む)が難しいとか、手や足が不自由になったなど、特定の動作が難しくなることもありますよね。そういった動作を助けるグッズもいいかもしれません。 ただし、不自由になってしまった体をとても気に病んでいる、深く悲しんでいるといった場合には動作を助けるグッズは心の傷に触れる可能性がありますのでやめておきましょう。

③羽織もの

自力で病院内を移動できる入院患者の場合、パジャマ一枚で売店や人の多い外来のスペースを行き来するのはちょっと恥ずかしいかもしれません。一枚羽織れるものがあるとすごく快適かも!

④お見舞い品が決められないときはギフトカード類

病院によっては入院中もネット通販の商品を受け取ってくれるところもあるので、入院患者本人が使える通販のギフトカードや、病院で売っているテレビカードを買って渡すのもアリです。また、元気に治る見込みがある人には退院後に使えるギフトカードも入院生活の励みになって良いかもしれません。

⑤大部屋生活に役立つグッズ

特に高齢者はイヤホン・ヘッドホンを持っていない人が多いので同部屋の人に音が漏れてしまいがち。イヤホンやヘッドホンなど音に配慮できるグッズは◎!Bluetooth接続の場合は、やり方まで説明してあげましょう。有線タイプならケーブルを延長できるアイテムがあるとなお良し!

⑥励まされるグッズ

例えば家族や仲間との写真を写真立てに入れて贈ったり、大人数なら寄せ書きをまとめたものもいいでしょう。もし退院日が◯日後と分かっているなら、アドベントカレンダーのように1日1つずつ食べられるものやメッセージカードを入れたりして渡せば「退院まであと◯日!」と視覚で分かって頑張れそうな気がしますよね。

⑦付き添い入院中のパパママの役に立つグッズ

小さいお子さんが入院する場合は大半が親の付き添いを要請されます。ただ満足に睡眠が取れる環境ではなく入浴もままならず、親の分の食事はありません。付き添う親の過酷さはSNSでも話題になっています。もし付き添い入院をしているのであれば、大人が少しでも楽になるようなグッズもいいかもしれません。

こんな入院見舞いの品はNG!

入院見舞い品を選ぶ際に、こんなポイントには気をつけて見舞い品を選びましょう。

◉ニオイの強いもの

特に大部屋の場合は✕。生鮮品の生臭いニオイなどニオイの強い食べ物はもちろんNGですが、「いい匂い!」と思って贈りがちな香水やアロマオイルなどもダメです。入院患者本人はいいかもしれませんが、同じ部屋に入院している他の人が不快に思う可能性大なのでやめておきましょう。

◉アレルギーや病状に配慮していないもの

花粉が飛散しやすい植物はアレルギーの観点からNG(同部屋の人への配慮としても✕)。また食物アレルギーがある人へアレルゲン入りの食べ物はもちろんダメですし、糖分や塩分など制限がある場合もあるので病院に確認しましょう。

◉健康食品・サプリメント

上記の『入院患者のお見舞いに「食べ物」ってどうなの?』でも取り上げましたが、病気に効くからと(善意であっても)健康食品やサプリメントを入院患者に渡すのは✕。法に触れる可能性もありますのでご注意ください。

入院患者が欲しいお見舞いの品13選

それでは上記の「入院患者が本当に欲しいものとは?」や「こんな入院見舞い品はNG!」を踏まえてオススメのお見舞い品をご紹介していきます!

◆入院患者が欲しいもの:食べ物

※事前に病院への確認が必要です

世界のふりかけ18袋入

endProduct438

「病院食が物足りない」という人によろこばれるのはやっぱりふりかけ!こちらは焼肉やトムヤムクン、グリーンカレーにイタリアントマトなど世界中の味が楽しめるふりかけです。病院から出られなくても気分は世界旅行に行けるかも……?

飲むジェリー「和歌山なちゅるん」みかん・はっさく・蜂蜜レモン・桃・梅

endProduct3131

食欲がなかったり嚥下が疲れてしまう人にはゼリー飲料が◎!柑橘類や梅や桃などさっぱりした味わいが楽しめます。常温保存OKなので、病室の小さな冷蔵庫を圧迫すること亡く、飲んだらそのまま捨てればいいだけなので手を煩わせません。

<オンラインショップ限定>リンツ リンドール テイスティングセット 18種23個入り

endProduct3494

「退院まであと◯日!がんばれ♪」というアドベントカレンダーに入れるならリンツのリンドールがおすすめ。日替わりでいろいろな味わいが楽しめるので入院生活の活力になってくれそう!

◆入院患者が欲しいもの:快眠グッズ

テンピュール® スリープマスク

endProduct881

もっちり柔らかな低反発素材にうっとり♪テンピュールのアイマスクなら入院生活の睡眠をしっかり支えてくれそうですね!老若男女問わずよろこばれそうです。

王様の足枕

endProduct3485

病気によっては脚のむくみも気になるところ。そうでなくとも運動もできないので脚はどうしてもだるくなりがちです。そんなときに足枕があると寝姿勢も楽に過ごせそうですよね。

BL リネンウォーター ラベンダー

endProduct3612

病院特有のあのニオイが苦手でぐっすり眠れないという人にはピローミストを。天然ラベンダーの香りでいつの間にかぐっすり♪枕元に軽くシュッとするだけなので、同部屋のお隣さんを不快にさせることもなさそうです。

◆入院患者が欲しいもの:乾燥対策

シゲタ Thank you my hands

endProduct704

頻回な手洗いが必要な入院中は手の乾燥が気になるとの声多数!パリ発のオーガニックブランド「シゲタ」のスペシャルハンドケアセットなら、入院で沈んだ気分を少しでも明るくしてくれそう。

FOGRING

endProduct115

ドーナツみたいにかわいくて、手にすっぽりと収まるほど小さなこちらのアイテムはポータブル加湿器!USB電源でコップと水さえあればどこでも使えます。フィルターやタンクもないので衛生面やお手入れの手間も心配ありません。

◆入院患者が欲しいもの:暇つぶし

読書枕HONTO ミレニアム

endProduct3305

本やゲームの差し入れもいいですが、本やタブレットを寝ながら見続ける姿勢って結構疲れますよね。そんな問題を解決してくれるのがこちらの読書枕!高さが出るので肩の負担を軽くし、耳の痛みも軽減してくれます。

◆入院患者が欲しいもの:心の支え

写真入り時計 メモリアル時計 お名前時計.com A4型

endProduct4049

家族や仲間の写真を入れた時計を贈ってみてはいかがでしょうか?不安な気持ちで過ごす毎日に希望を与えてくれるはず!

オンラインで寄せ書きが作れる【スゴヨセ】

endProduct52

不安な入院生活で受け取るみんなからのメッセージほど心に染みるものはないですよね。スゴヨセならオンラインでメッセージを集めて作成することができるので、遠方の仲間からもメッセージを募ることができます。メッセージだけでなく写真もふんだんに配置できるので、見る人にとってより心強い寄せ書きに!スマホでも閲覧できて、製本して病院に贈ることもできますよ。


endContent1555

◆入院患者が欲しいもの:お子さん入院中の方へ

みつろうスティッククレヨン 12色紙箱

endProduct954

入院中のお子様でも使いやすい自然のみつろうでできたクレヨンセットです(加熱処理をしてあるのでボツリヌス菌の心配もありません)。布にお絵かきをしてアイロンがけをすればオリジナルグッズが簡単に作れるすぐれものです。

OMNI PILLOW

endProduct949

付き添い入院中のパパママに贈りたいマルチピローです。畳めばネックピローになり、広げればクッションや座布団にもなる便利なアイテム!フカフカの厚みがあるので、病院のつらい睡眠環境を少しでも楽にしてくれるはず。授乳時の体の支えにもなるのでオススメです。


endContent1478


endContent1302

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
meechoo編集部

「バースデーに+1のワクワクを」お届けしたい!読んでくださる方のお誕生日にまつわるさまざまな「+1」を発信するmeechoo編集部です。