メニュー

【豆知識】定番のあんの種類

あんこ(小豆あん)とは

原料に小豆(あずき)を丸ごと使っている、日本で最もよく見かけるあんこです。「あんこ」とかだけ書かれていた場合、小豆を使ったあんこをさしている場合が多いです。小豆を使ったあんこは、「赤あん」「黒あん」「小豆あん」など度呼ばれることもあるようです。

この記事では、この小豆をつかったあんこの商品をご紹介しています。

白あんとは

白いんげん豆もしくは白小豆で作られるあんこ。味にクセが少なく目立たない色をしているので、風味に特徴がある他の食材と合わせたり、鮮やかな色を付ける上生菓子によく使用されます。

うぐいすあんとは

爽やかな黄緑色の青えんどう豆で作られるあんこ。この青えんどう豆は「グリンピース」という名前で親しまれている豆です。

ずんだあんとは

こちらも黄緑色の枝豆で作られるあんこ。ずんだとは方言で枝豆という意味。最近では「ずんだシェイク」など和菓子以外の食べ方も人気です。

つぶあんとこしあんの違い

その名の通り、つぶあんは炊いた小豆をつぶした皮や豆の食感が楽しめるもの。こしあんは炊いた小豆を裏ごしして皮などを取り除き完全にペーストにしたものです。

お取り寄せできるあんこの和菓子/スイーツ特集

ここからは、お取り寄せができる小豆あんの和菓子屋スイーツをご紹介します。お友達への個人的なプレゼントから、職場などの大人数への差し入れまでピックアップしました。

あんこ好きの家族や友達に贈りたいお取り寄せ

あんこが好きな人がニッコリする、あんこをたっぷり味わえるお取り寄せをまとめました!おしゃれさも兼ね備えているのでプレゼントにも向いています。

ジャムのようにあんこを楽しむスイーツ

endProduct3892

こだわりの材料を丁寧に練り上げたあんこ好きに贈りたいこのセット。スプーンで食ってそのまま食べてもよし、セットのクッキーと一緒に食べてもよし。保存料不使用で甘さ控えめなので、健康にも気をつかえるあんこセットです。

自分であんこをつめられる最中

endProduct1644

自分で好きなだけあんことマスカルポーネチーズを盛れるユニークな和菓子。サクッとした最中と一緒にあんこをたっぷり楽しめます。

あんこの粒が楽しめる最中

endProduct3533

小豆は北海道十勝産の「大納言」をたっぷりと使い、小豆の粒が残るように作られたすっきりとした味わいのあんこは、香ばしい最中の皮によくあいます。

目上の方への手土産にも◎な商品なあんこ和菓子のお取り寄せ

上品でおしゃれさもあるあんこの和菓子をまとめました。目上の方や取引先への手土産にも向いています。

老舗こだわりのどら焼き

endProduct3531

もっちりとした羽二重餅と国選の大粒栗が入ったどら焼きのセットです。いつものどら焼きとは一味違う新鮮さは贈り物にも向いています。

白あんと黒あんが楽しめる風流なコンセプトの和菓子

endProduct4175

文豪・吉川英治の新・平家物語にインスパイアされた和菓子セット。小豆あんを平家、白あんを源氏に見立て、同じ箱に入れることで平和を表しているんだとか。

大人数にも贈れるあんこ和菓子のお取り寄せ

食べやすい大きさの最中

endProduct4539

老舗の和菓子屋がおくる、食べやすい大きさの最中セット。亀が描かれた最中は縁起物としてのプレゼントにもおすすめです。

江戸時代から愛されるまんじゅう

endProduct4511

江戸時代から愛され、日本三大まんじゅうにも数えられる薄皮饅頭。しっとりとみずみずしく、やさしい甘さとくちどけの上品な味わいです。

和菓子と洋菓子の良いとこどりのお取り寄せ

あんこが使われた和洋折衷のスイーツもおすすめ。新しさと懐かしの両方を感じます。

朝食やおやつに◎小豆バター

endProduct3330

やみつきになる組み合わせ、あんことバター。そんな二つを合わせた間違いないジャムがこちら!

ロールケーキの中に大福!?

endProduct2013

お茶の専門店「宇治園」が贈るユニークなスイーツです。抹茶の香りとあんこのやさしさ、生クリームのコクを一度に味わえます。


endContent1556


endContent1295


endContent1595

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
グルメ・スイーツチーム

美味しいものに目がない!食いしん坊バイヤーが厳選したグルメ・スイーツの記事を中心にご紹介!誕生日ケーキや、ギフトにぴったりのスイーツ情報も♪