なぜ今、浄水ボトルが流行ってるの?必要性と注目されている理由

これまで浄水ボトルは、アウトドアをする人によく使われていた物でしたが、今は携帯用や置き型などいろいろな種類があり、日常生活でもよく使われるようになっています。水は生きていく上で絶対に必要なものなので、どうせならおいしい水を飲みたいと思っている人が多いということもありますが、近年の異常な暑さや自然災害の多さも、浄水ボトルが注目されている理由のひとつです。

最近よく聞く「浄水ボトル」ってなに?

浄水ボトルは、普通の水筒やポットとはちがって、中にフィルターやカートリッジが入っています。アウトドアでよく使われていたのは、フィルターによって川や湖の水をろ過して不純物を取り除くき、飲み水にすることができるからです。万が一、新鮮な水を切らしてしまったときのためにも、持っておくと便利なサバイバルグッズです。

浄水ボトルが流行っている理由とは?

なぜ今、日常生活の中でも浄水ボトルが注目されているのでしょうか。 まず第一に、「おしゃれなデザインが増えたこと」が考えられます。若い人の間ではSNSで映えるものに人気が出ますよね。浄水ボトルにもおしゃれなデザインが増え、ペットボトルよりも「映える」ということが注目されている理由のひとつになっています。

次に考えられるのが、「酷暑」です。猛烈な暑さで水分を持ち歩くことは熱中症対策としても必要ですよね。いつでも水分補給ができるように、マイボトルを持ち歩く人が増えたことも浄水ボトルの人気につながっています。

そして最後に「自然災害の多さ」です。災害時には飲み水の確保はとても大切なことですよね。万が一被災した場合でも、浄水ボトルがあれば当面の飲み水は確保できるので、防災グッズとして準備している人も多いようです。

浄水ボトルを使用するメリットはたくさんある!

浄水ボトルを買おうかどうか迷っている人は、どんな良さがあるのか知りたいですよね♪ここでは浄水ボトルのメリットを5つ紹介していきます。

【浄水ボトルのメリットその1】水道水がおいしくなる

日本の水道水は飲むことができますが、カルキ臭が気になったり、そのまま飲むのは抵抗があるという人も多いですよね。浄水ボトルを使えば水道水の不純物が取り除かれるので、簡単においしい水をつくることができます。

【浄水ボトルのメリットその2】ペットボトルを買うより経済的

外出時、喉が渇くたびにコンビニや自動販売機でペットボトルを購入していたら大変な出費になりますよね。浄水ボトルに水道水を入れて持ち歩けば節約になります。自宅やオフィス用に飲み水を買っている場合にも、水道水をろ過して使えば買う必要がなくなるのでとても便利です♪

【浄水ボトルのメリットその3】エコ

浄水ボトルはエコの観点からも注目されています。ボトルは洗って何度も使うことができるので、ゴミが出ません。

【浄水ボトルのメリットその4】水を買うときの負担がなくなる

ペットボトルの水は2Lで、重さが2kgあります。日常的に使っている場合には1日に何本か使用することもあるので、その都度買いに行くとなるとかなりの重労働。その点、浄水ボトルなら重たい思いをする必要がありません。

【浄水ボトルのメリットその5】低コストで簡単に始められる

浄水ボトルは数千円で購入でき、ボトルに水を入れるだけなので取り付けなどの手間はありません。ウォーターサーバーの場合には契約や取り付け工事、水の購入費用などがかかりますが、そのような手間が一切なく始めることができます。

おしゃれで便利な浄水ボトルはプレゼントにおすすめ

プレゼントは相手に喜んでもらえるものを選びたいですよね。浄水ボトルは持っているととても便利なアイテムです。実用性が高く、エコや防災、健康面などから今後ますます注目されていくアイテムです。消耗品なので、すでに持っている人にもまだ持っていない人にもおすすめのプレゼントです。

浄水ボトルは他の人とかぶらない喜ばれるプレゼント

プレゼントをもらうタイミングは誕生日、クリスマス、バレンタイン、母の日、父の日、就職などさまざまですが、家族や恋人などいろんな人から同時にプレゼントを贈られることもありますよね!定番のアイテムだと他の人とかぶってしまい、相手の喜びが半減したり、印象に残りにくくなってしまいます。浄水ボトルは他の人とかぶりにくく、実用性があり、インパクトもあるのでおすすめです。

2タイプの浄水ボトル!携帯型・置き型どちらを選ぶ?

日常で使う浄水ボトルには、携帯型と置き型があります。ここでは、2つのタイプから浄水ボトルを選ぶときのポイントをご紹介します。

持ち運びに便利な携帯型浄水ボトルの良さとは?

携帯型は、外出時に持ち歩きたいという人におすすめ!バッグに入るサイズ感で仕事やお出かけのときにも便利ですし、飲み水に不安がある海外旅行のおともにも最適です。防災グッズとして袋に入れておく場合にもかさばりません。

【携帯型のおすすめ商品】浄水ボトル 携帯用

endProduct290





豊富なカラー展開で、男性にも女性にも似合うボトルが見つかります。容量は0.3L、本体の重さは 50gとコンパクトで軽量。持ち運びに便利なサイズです。飲み終わったら水道水を入れて補充できるのでコンパクトながらも飲み水を切らすことがなく、外出時に便利です。

大量の水が浄水できる置き型浄水ポットの良さとは?

浄水ポットは商品によって1〜2Lの水をろ過できます。自宅での飲み水として使用するときにおすすめ!ポットの形状もさまざまなので、冷蔵庫の中に収納しやすい形を選ぶと良いですね。

【置き型のおすすめ商品】浄水ポット ポット型 浄水器

endProduct1003





ヨーロッパ生まれの浄水器メーカーDAFI(ダフィ)の浄水ポットです。曲線のデザインがおしゃれで、プレゼントにおすすめのアイテムです。カートリッジの交換時期をLEDで知らせてくれるのでタイミングが分かりやすくて良いですね。容量も1.5L(全容量:3.0L)と十分です。

浄水ボトルって実際どうなの?口コミから検証してみた

ここでは、実際に使用している人の口コミを見ていきましょう!口コミで良い評価をしている人が多かったのですが、残念な評価もありました。良い評価では、水道水がおいしくなることや、持ち運びが便利、経済的などが多く、悪い評価ではカートリッジに関係するものが多かったです。

浄水ボトルの良い口コミはこちら

水道水が柔らかく、飲みやすくなった。

水道水はカルキ臭くて飲みたくないと思っていましたが、浄水ボトルを通すことで飲みやすくなった。

塩素の臭いを除去してくれるので自動販売機で水を買う必要がなくなった。

お水をこまめに補充しながら持ち歩ける。バッグに入るサイズで便利。

浄水ボトルの残念な口コミはこちら

カートリッジの交換が面倒。費用がかかる。

カートリッジの交換のタイミングが分かりづらい。

浄水されるのに時間がかかる。

メリットも多い浄水ボトルを暮らしに取り入れよう♪

浄水ボトルは水道水を入れておくだけで、ミネラルウォーターのようなカルキ臭のないおいしい水にすることができます。コンパクトなサイズのものは持ち歩きに便利で、防災グッズとしても重宝されます。大容量のポットタイプは家庭用におすすめ!エコで経済的なので、ぜひひとつは持っておきたいアイテムですね。ひとつのカートリッジで浄水できる水の量や、ろ過にかかる時間は商品によって違います。この記事を参考に、希望に合うものを見つけてくださいね。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
キッチンチーム

定番の調理器具やちょっと変わった便利グッズ♪カトラリーやオシャレなディッシュも!使えば毎日のお料理ライフが楽しくなるキッチンアイテムを中心にご紹介。