女性へのプレゼント選びの3つの注意点

それでは、はじめに女性に贈るプレゼント選びの注意点を3つご紹介します。

1.プレゼントは贈る相手の負担にならないものを選ぶ

贈る相手が配偶者や彼女、母親など、親しい間柄であれば、あまり気にしなくてもOKですが、会社関係の女性や女友達などに贈る場合は「これを贈っても相手の負担にならないか?」を重視して贈り物を選ぶことが大切です。特に、相手が既婚者の場合は家族に誤解されないよう、細心の注意を払い家族で楽しめるものなどを贈ると良いでしょう。

2.下心を感じさせる・モラルに欠けるプレゼントは選ばない

たとえどんなに仲の良い相手でも、下心を感じさせるものや、モラルに欠けるものを贈るのはやめましょう。たとえば、付き合ってもいない相手に高級な指輪を贈ったり、下着を贈ったりするなど、相手の気持ちを考えない一方的なプレゼントは関係性を壊しかねませんので注意しましょう。

3. プレゼントで重いもの・幅をとるものは避ける

重量のあるものや幅を取るものは相手が望んでいない限り、プレゼントとして贈るのは避けましょう。家に持って帰るのが大変だったり、家に置くスペースがなかったりと、せっかくのプレゼントが迷惑になることも。もし、どうしても贈りたい場合は、相手にあらかじめ贈ることを伝え、了承を得てから自宅に郵送するなどの手段で贈ります。

女性へのプレゼントの予算はいくら?

女性へのプレゼントの予算は贈る相手によって、またはイベントによっても変わってきます。それぞれの平均的な相場価格を知り、相手に負担をかけない金額のものを贈りましょう。

① 親しい女性(母親・妻・彼女)

親しい女性への贈り物の相場は、10,000円〜50,000円とかなり金額に幅がありますが、誕生日や結婚記念日などの特別な日にプレミアムなプレゼントを贈ると良いでしょう。また、付き合いたての彼女や学生の場合は、10,000円以下のプレゼントでも◎。

② 会社付き合いの女性(上司・同僚・後輩)

会社付き合いの女性への贈り物は、個人で渡す場合は5,000円程度がおすすめです。それ以上の金額になりそうな時は、ほかの人に声をかけ、連名でプレゼントを贈ると良いでしょう。

③ 知り合い、友達の女性

知り合いや女友達の場合は、1,000円〜3000円程度で◎。特にお返しが要らない程度の金額のプレゼントが喜ばれます。

【贈る相手別】女性が喜ぶプレゼント全10選

ここからはmeechooに掲載されている商品の中から女性にピッタリなギフトを10選ご紹介します。贈る相手別におすすめの商品を厳選しました。

【妻・彼女】美容グッズ

昔から女性は(こっそり男性も)美容は気になるもの。美容大国韓国からきた美容グッズのプレゼントはいかがでしょうか?SNSなどでリサーチをして旬のグッズをプレゼントするのがおすすめ。検索キーワードは、ハリ・くすみ・むくみ・ビタミン・ツヤ・保湿・乾燥・オイリー・しわ・刺激少なめ、などなどです。NG成分がある可能性があるので本人への確認も忘れずに。

endProduct79

【妻・彼女】ご馳走

女心を掴むにはまず胃袋から!?豪勢な食事をゆっくり自宅で楽しめるプレゼントも喜ばれます。外で食事をするのが苦手な方もこれなら喜んでいただけますね!

endProduct2121

【母・妻】お料理グッズ

おいしいものが大好きだから、自分の舌に合う料理を探究している女性は多いのではないでしょうか?そんな彼女には料理がたのしくなるお料理グッズのプレゼントがおすすめです。渾身のお料理をSNSなどに投稿する方もいるので、デザイン性も要チェックです。

endProduct97

endProduct435

endProduct1078

【妻・彼女・母親】リラックスグッズ

家事や仕事、育児など1日が終わる頃には女性の脚はパンパンにむくみがち。そんな脚の疲れをスッキリさせてくれるのがこちらの商品です。コードレスタイプになっているので非常にコンパクトで脚全体を空気の力でもみ解すので、マッサージチェアのような“もみ位置のズレ”もありません。大切な相手にこそ贈りたいギフトです。

endProduct239

【会社付き合いの女性】スイーツ

手軽に食べられるスイーツは女性への定番ギフトです。個包装タイプや指でつまめるお菓子なら仕事をしながら食べられるので喜ばれるでしょう。消費期限が長めのものを選ぶのもポイントです。大容量パックなどあまりたくさんプレゼントも困らせてしまうので、適度な量にしましょう。

endProduct1758

endProduct1730

endProduct2002

【会社付き合いの女性】上質な日用品

会社付き合いの女性へのプレゼントは、家庭でも使えるタオルがおすすめです。タオルは消耗品なので、何枚あっても困りません。しかも、こちらの今治のオーガニックタオルはタオルの中でも上質な品質なので、肌の弱いお子さんにも使えます。育児中の方やご家庭のある方へ贈ると喜ばれること間違いありません。

endProduct442

【会社付き合いの女性】珍しいお手軽グルメ

仕事を頑張っている女性に、毎日のご飯が楽しみになる「世界を旅するふりかけ」を贈ってみませんか?こちらのふりかけは、1782年創業の佃煮と煮豆の老舗玉木屋が積み重ねてきた技術を惜しみなく注ぎ手がけた半生タイプのふりかけです。色とりどりのパッケージは見ているだけでもワクワクさせてくれ、ギフトとして女性に贈っても非常に喜ばれます。また、一人暮らし、家庭持ちも問わずに渡せるので、会社付き合いの相手へのギフトにおすすめです。

endProduct438

【知り合い・女友達】かんたんグレードアップ調味料

自炊をしている女性には、自分好みの“オリジナルだし”が作れる、無添加天然100%のだし粉セットを贈りましょう。こちらのだし粉セットは、色とりどりのボトルにパッケージされているので、ギフトにもぴったり。また、後日どんなオリジナルのだしを作ったかなど、話しのネタにもなりますね。

endProduct74

【知り合いの女性・女友達】コーヒー・紅茶関連商品

知り合いの女性や女友達が、コーヒー派なのか、紅茶派なのか好みがわからないときは、どちらにも使える「ハチミツ」を贈りましょう。ハチミツは健康にも良く、日持ちもするのでギフトにもぴったり。また、こちらの商品は、ユーモラスなくまさんのパッケージに入った3種のハチミツ詰め合わせで、それぞれ個性豊かな味わいがセットになっているので、好みがわからない女性に贈っても安心です。

endProduct940

【知り合いの女性・女友達】おしゃれな小物

気心知れた女性にはファッションのワンポイントにできるおしゃれな小物のプレゼントを。日頃彼女がどんなコンセプトで服を選んでいるのかしっかり確認して選びましょう

endProduct1714

endProduct1857

【知り合い・女友達】バスグッズ

女性にとってバスタイムは至福の時間です。何を贈って良いかわからないときは見た目もかわいい「バスソルト」を贈りましょう。こちらのバスソルトは、バスルームに置いておくだけでもかわいいパッケージで、ふんわりと漂うラベンダーとカモミールの優しい香りが特徴的です。好みがわからない相手へのちょっとした贈り物にも使えるギフトです。

endProduct165

贈る女性の喜ぶ顔を想像してプレゼント選びをしましょう

女性への贈り物は、相手との関係性によって選ぶものが変わったり、気をつけるべき点が多かったりするので難しく感じてしまうかもしれません。しかし、選ぶポイントをしっかりと抑え、喜ぶ顔を想像しながらチョイスすれば、相手との関係性にちょうど良い贈り物を選べるようになります。ぜひ、この記事を参考にし、贈った女性が笑顔になるようなギフトを選んでいただけると幸いです。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪