事故に巻き込まれた相手に菓子折りを渡すとき

自分自身や家族が事故を起こしてしまったとき、早急に菓子折りを準備しなければならない場合がありますよね。

事故は起こさないのが一番ですが、起きてしまったときは、最善を尽くして対応していくことが大事です。

一般的には菓子折りを渡すことが多いですが、菓子折りの選び方を間違えたり、渡すタイミングを間違えたりすると、事故の被害者の方を不快な気持ちにさせてしまいます。

そのようなことがないように、菓子折りの渡し方や選び方をおさえておきましょう。

事故の被害にあった方への菓子折りの渡し方

事故を起こしたとき、何が何だかわからずパニックになってしまう人も珍しくありません。そのような場合でも、一番考えなければいけないのは、被害者の方やその家族の方のことです。

被害者の方を必要以上に不快な気持ちにさせないように、菓子折りの渡し方を確認しておきましょう。

事故の被害者に菓子折りを持参するときの服装は?

事故を起こしたとき、被害者の方にしなければならないのは「謝罪」です。菓子折りを渡すのも、「これを渡して許してもらおう」「事故をなかったことにしてもらおう」ということではなく、あくまで謝罪の意味合いで渡します。

謝罪の意味を込めて渡すわけですから、菓子折りを渡すときは、派手な服装は控え、スーツなどを着るのが無難でしょう。急いで渡さなければならないのにスーツを持っていない場合は、カジュアルすぎる服装は避け、できる限り誠意が伝わるような服装を心がけましょう。

菓子折りを渡すときは事故についての謝罪の言葉も伝える

事故を起こしておきながら謝罪の言葉を伝えないのは、被害者の方に失礼です。菓子折りを渡すだけで終わりにするのではなく、必ず謝罪の言葉を伝えましょう。被害者の方が入通院などをしている場合は、お見舞いの言葉も合わせて添えるようにしてください。

菓子折りは事故の被害者の負担にならない渡し方をする

事故を起こした側は、できる限り相手の負担にならない形で菓子折りを渡しましょう。たとえば、被害者の方の自宅に出向いて謝罪をする場合でも、謝罪の気持ちを伝えたいがために長居するのは、相手にとって負担になります。

謝罪の気持ちや誠意を伝えることも大切ですが、まずは被害者の方や被害者の家族の気持ちを考えるようにしましょう。

事故のおわびに持参する菓子折りに「のし」はつけないほうが無難

事故を起こしたときの菓子折りに「のし」をつけるべきかどうかについては、諸説あります。ですが、「のし」は祝い事などのイメージを持っている人が多いため、事故を起こしたときの菓子折りに「のし」をつけると不快に感じる人もいます。そのため、「のし」はつけない方が無難でしょう。

事故の被害者に渡す菓子折りは外から見えないようにする

菓子折りについては、むき出しの状態で渡すと失礼にあたります。そのため、必ず包装紙で包んでおくようにしましょう。また、できれば紙袋に入れて持参し、渡せるタイミングになったときに初めて紙袋から菓子折りを出すような流れが無難です。

事故の謝罪で持参する菓子折りの選び方と予算相場

菓子折りを渡すときは、以上のポイントをおさえて、相手を不快な気持ちにさせないように注意しましょう。

続いては菓子折りの選び方についてです。

菓子折りに予算相場はありませんが、安すぎるものでは誠意を表すことができません。最低3000円以上と考えて、菓子折りを選ぶようにしましょう。

謝罪に持参する菓子折りは定番のものがおすすめ

事故の菓子折りを選ぶとき、奇抜さや斬新さは不要です。「謝罪」の意味を込めて菓子折りを渡すわけですから、定番のブランドの、一般に好まれそうなものを選ぶようにしましょう。

派手なデザインの菓子折りは避けた方がよい

派手なデザインのものを菓子折りに選んでしまうと、誠意や謝罪の気持ちが相手に伝わりません。シンプルでおさえたデザインのものを選ぶようにしましょう。

菓子折りの保存期間はなるべく長いものにする

事故直後、被害者やその家族は、事故の対応や入通院・見舞いなどで、とても忙しくしていることが多いです。そのような相手に、賞味期限の短いものを菓子折りに選んでしまうと、せっかく渡しても廃棄されてしまうおそれがあります。 相手の状況を考え、保存期間は長めのものを選ぶようにしましょう。

誠意や謝罪の気持ちを伝えられる菓子折りを選ぶ

値段に謝罪の気持ちの大きさが表現されるわけではありませんが、安すぎるものや軽すぎるものでは、相手に謝罪の気持ちが伝わらない可能性が高いです。

誰が見ても恥ずかしくないブランドのもので、重みもあるものを選ぶのが安心です。

事故を起こしたときに謝罪で持参する菓子折りのおすすめ4選

事故を起こしたときの菓子折りの渡し方や選び方について、大体のイメージがついたかと思います。ここからは、菓子折りとして渡すことができる定番のものを4つご紹介していきます。

事故の謝罪に持参する菓子折り:銀座ウエストのリーフパイ

まず最初にご紹介するのは、焼き菓子のブランドの中では定番となっている「銀座ウエスト」のギフトセットです。銀座ウエストではリーフパイがよく知られていますよね。こちらのギフトセットは、定番のリーフパイに加え、バタークッキーとヴィクトリアというお菓子も入っています。

甘いものが好きな人はもちろん、子どもから大人まで楽しめる定番のスイーツですので、菓子折りにもぴったりです。

事故の謝罪に持参する菓子折り:千寿せんべい

続いてご紹介するのは、ワッフルのようなうねりのある焼き方が特徴的な千寿せんべいです。菓子折りを選ぶとき、洋テイストのものより和テイストのものを選びたい場合があります。そんなときは、日持ちもする千寿せんべいがおすすめです。

中にはあっさりとしたシュガークリームが入っており、そのちょうどよい甘さは、若い人から年配まで喜ばれる味です。

事故の謝罪に持参する菓子折り:マカロン詰め合わせ

続いてご紹介するのは、スイーツ好きの人なら知らない人はいないほど有名な「ピエール・エルメ・パリ」のマカロン詰め合わせです。「パティシエ界のピカソ」とも称され世界に評価されているので、ブランドとしても失礼にあたることはありません。

マカロンはとても軽い食感なので、若い人から年配層まで楽しむことができるスイーツです。

事故の謝罪に持参する菓子折り:バームクーヘン 12個入

最後にご紹介するのは、パティスリーキハチのバームクーヘンです。あの有名レストラン・キハチが素材にこだわり丁寧につくりあげた逸品。

キメの細かいしっとりとした生地とやさしい味わいは、老若男女、誰もが納得できる味。心を込めた菓子折りとしてふさわしいスイーツです。

この記事を書いた人

meechoo編集部
meechoo編集部

「バースデーに+1のワクワクを」お届けしたい!読んでくださる方のお誕生日にまつわるさまざまな「+1」を発信するmeechoo編集部です。