社会人のスケジュール管理に最適!システム手帳ってどんな手帳?

『システム手帳』と言われても、どのような手帳のことなのかピンと来ない人もいるでしょう。 システム手帳がどのようなものなのかを知れば、きっと“社会人への贈りものにピッタリ”という理由がわかると思います。

システム手帳は社会人が持っている少しだけ大きめの手帳

システム手帳は、社会人が持っているノートのような少しだけ大きめの手帳です。 リングやバインダー式になっていて、リフィルを交換できます。

用途に合わせたスケジュール管理ができる

システム手帳は、1日、1週間、1カ月、1年という単位で予定を書き込むことができます。 プライベートの予定と、仕事の予定を分けて書き込むことも可能ですし、予定が重ならないよう、色分けをして一緒に書いておくなど、自分の使いやすいように自由にできます。

会議やアイデアを書き込むメモ帳として使える

会議のときや、ふとアイデアが思いついたとき、電話を受けたときなど、社会人になると、突然メモをする必要にせまられることがあります。 ちょっとしたことでもメモをしておけば、うっかり忘れてしまうというミスも防ぐことができます。

日記

システム手帳に日記を書いている人もいます。 自分の感情を整理することも可能でし、何年か後に読み返したとき、なつかしく思ったり、自分の成長を感じることもできるでしょう。

社会人にはどっちが便利?システム手帳ととじ手帳の違い

手帳には『システム手帳』と『とじ手帳』があります。まったく使い勝手が違うこの2種類の手帳。 それぞれのメリットとデメリットを考えて、使いやすい方を選びましょう。

システム手帳ととじ手帳の違い

システム手帳ととじ手帳の大きな違いは、システム手帳がリングやバインダーで、リフィルをカスタマイズできるのに対して、とじ手帳は1年で1冊を使い切り、毎年買い替えるというところです。 では、それぞれのメリットとデメリットを比べていきましょう。

システム手帳のメリット

・自由にカスタマイズできる

1日、1週間、1カ月、1年、フリーメモ、ポケットなど、自分の使用したいように中身をカスタマイズできるので、自分にとって必要なものだけを入れることができるオリジナルの手帳にできます。

・リフィルを交換して使うので、お気に入りの手帳が長く使える

リフィルを交換することで、何年でも使い続けることができます。 システム手帳は革を使っているものが多いので、使うほど味が出て、愛着が増します。

・必要な情報だけを残しておける

リングやバインダーで、つづっているので、必要のなくなったメモは外し、必要な情報だけを手帳に残すことができるので、ごちゃごちゃしません。

システム手帳のデメリット

・価格が高い

システム手帳の本体は、何年も使うことが可能ですが、とじ手帳よりも価格が高い傾向があるので、最初に購入するときの負担が大きくなります。

・大きい

システム手帳は、A5やB6サイズのものが一般的です。 ポケットに入るサイズではないので、カバンを持ち歩く必要があります。

とじ手帳のメリット

・価格が安い

とじ手帳は、100均にも売られているほど価格が安いものからあります。 気軽に購入しやすいのはとじ手帳の1番のメリットです。

・持ち歩きやすい

手のひらサイズの小さなものもあるので、ポケットにもすっぽりと入ってしまいます。 軽くて持ち運びしやすいものがいろいろとあります。

・種類が豊富

シンプルなデザインから、かわいらしいデザイン、ポップなデザインなどとにかく種類が豊富です。 とじ手帳は1年ごとに買い替えるので、その度に、新鮮な気持ちになれます。

とじ手帳のデメリット

・スペースに限りがある

紙を追加することは難しいので、スペースに限りがあります。

・カスタマイズはが難しい

中身のデザインは選ぶことが難しいので、必要のないものが入ってしまうこともあります。

・情報を年をまたいで取っておくことが難しい

とじ手帳は1年使い切りです。必要な情報を取っておくことができません。 翌年にも引き継ぎたい情報は、手書きで新しい手帳に書き写す必要があります。

社会人へ贈るプレゼントにおすすめ!喜ばれるシステム手帳の選び方

手帳には、『システム手帳』と『とじ手帳』がありますが、社会人へ贈るならシステム手帳がおすすめです。 喜んでもらうためには、サイズやデザインも重要なので、ここでは、選ぶときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

なぜ社会人へのプレゼントにシステム手帳が喜ばれるの?

社会人へのプレゼントでシステム手帳が喜ばれるのは、仕事をする中で、スケジュール管理はとても大切なことだからです。 手帳は、実用性が高く、社会人がもらってうれしいプレゼントの定番アイテム。とじ手帳よりもシステム手帳のほうが人気なのは、システム手帳は、本体の価格が高いので、自分で買うにはちゅうちょしてしまうこともあるからです。 ブランド品や、質の良い本体なら、長く使ってもらえるので、贈った側としてもうれしいですね。

サイズが大切

システム手帳をプレゼントするときに注意したいのがサイズです。定番なのは、バイブルサイズと呼ばれるB6サイズのもので、次に人気なのはA5サイズです。どちらもポケットに入るサイズではありません。カバンを持ち歩く人にはおすすめですが、仕事柄ポケットに入るサイズでないと使用が難しいという人もいるでしょう。その場合には、ポケットサイズがおすすめです。相手の仕事をしている姿を考えて選ぶと良いですね。

・バイブルサイズ(B6サイズ)128×182mm前後

本体、リフィルともに1番種類が多く、人気があるサイズです。 筆記面積、機能性は十分で、カバンに入れたときにはかさばらないというビジネスマンに好まれる手帳です。

・A5サイズ 148×210mm前後

筆記スペースが十分にあり、ノートとしても使用できます。 A4コピー用紙の半分の大きさなので、パソコンで印刷したものも半分に折れば収めることができます。

・ポケットサイズ 145×100mm前後

ジャケットのポケットに収まるコンパクトサイズです。 筆記面積は少ないですが、持ち運びが便利で、メモとして使うことが多い人におすすめです。

meechoo掲載中!社会人におすすめのシステム手帳以外のギフト

プレゼント選びに迷ったら、ぜひmeechooをのぞいてみてくださいね! たくさんの人気ギフトが掲載されています。

時計式 ToDo 管理付せん ブルーダイヤル 【6冊パック】

endProduct896

時計型のToDoで、スケジュール管理がバッチリできます。ふせんなので、今日の予定を記入したらデスクに貼っておけばOK。 忙しいときの“うっかり”を無くすことができるアイテムです。

ハーバリウムボールペン

endProduct669

システム手帳と一緒にボールペンをプレゼントするのもおすすめです。社会人になったら少しだけ良いボールペンを1本は持っておきたいですね。 名前やメッセージを刻印することもできるので、就職祝いとして贈るのもおすすめです。

ネオスマートペンM1

endProduct898

デジタルとアナログの使い勝手をいいとこ取りしたスマートペンもおすすめです。専用のノートに書けば、手書きの文字や図形がデジタル化される優れもの。絶妙な使い勝手を実現した最先端のデジタル文具は、喜ばれること間違いなし!

リスシオ 名刺入れ

endProduct2156

これからの社会人人生、ずっと長く使うものといえば名刺入れです。本革の普遍的な美しさは年齢を問わず使い続けることができるので、これから社会人生活を始める人にピッタリ。トラディショナルでシンプルなデザインなので、男性も女性にもおすすめです。

社会人にはシステム手帳のプレゼントを贈ろう

プレゼントは実用性が高いものが喜ばれます。社会人ならシステム手帳がおすすめ。 相手の仕事をしている姿を思い浮かべて、サイズやデザインを選べば、ぴったりのものが見つかると思いますよ。

この記事を書いた人

meechoo編集部
オフィス・ビジネスチーム

社会人必見!ビジネスシーンで大活躍するハイエンドなアイテムから、オフィスに置いておきたい便利なグッズまで取り揃えてご紹介しています。