Zoom以外で遠隔テレビ通話ができるツール5選

Zoom以外で遠隔テレビ通話ができるツール5選をご紹介します。

ツール①:Google meet(グーグルミート)

Googleが提供するビデオ会議機能で、Googleのアカウントがあれば誰でも使用できます。会議で使用するのであれば、100人まで参加が可能で、時間は最長60分の利用が可能となります。大きな組織では100人以上の視聴が必要ですが、この場合、250人まで参加できる会議や10万人までが視聴できるライブ配信などもあります。

ツール②:Whereby(ウェアバイ)

無料オンライン会議のツールとして知られており、2013年にノルウェーで開発されました。パソコン、スマホ、タブレットを使用してオンライン会議ができます。使用するにはアカウント開設が必要で、1ルームで4人まで参加できます。人数としては少ないですが、時間制限はありません。画面共有が可能なので、会議中の資料の共有なども簡単にできます。アプリが必要なのですが、パソコンではブラウザさえあれば利用できるので、会社でアプリをインストールできないという場合でも使えるので便利です。機能を拡大するためには有料版へのアップロードが必要です。

ツール③:Cisco Webex(シスコウェベックス)

世界で最も利用されているWeb会議ツールです。一般的なWeb会議は低画質が多いですが、こちらは高画質でクリアな映像共有ができます。ワンタッチでファイル共有ができるため、会議中の資料共有がスムーズにできます。対応OSが豊富にあり、他者との会議でOSが合わず困るといった事が少ないのも特徴です。導入する場合には利用料金が必要です。利用シーンなどに合わせてプランが複数あります。

ツール④:Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)

マイクロソフト社が提供するWeb会議ツールです。チャット・通話機能、ビデオ会議機能、ファイル共有機能、Officeアプリとの連携機能があります。マイクロソフトのアカウントがあれば、無料で利用することができます。オンラインビデオ会議では最大300人が参加でき、オンラインイベントであれば10,000人が参加できます。特に便利なのが、録画・録音だけでなく、会議の音声をリアルタイムで文字起こしできる点です。翻訳機能もあるため、他言語間での会議も可能になります。

ツール⑤:Skype(スカイプ)

Skype同士であれば、無料でビデオ通話を楽しめるツールです。さまざまなOSに対応しており、パソコンやスマホ・タブレットだけでなく、ゲーム機やウェアラブル機器などにも対応しているため、仕事だけでなく、プライベートな場面でも使用できます。最大250人による会議や録画も可能で、仕事であればOfficeを利用した会議やホワイトボード機能の活用がとても便利です。

オンライン会議は作業環境を整えることから

オンライン会議は仕事で活用することがほとんどだと思います。会議が円滑に進むよう、画面がフリーズしたり音声が聞こえなくなったりしないよう作業環境を整える必要があります。そのためには、音声をきちんと拾ってくれるマイクや、スピーカー、映像をキレイに映すカメラなどの準備が欠かせません。

遠隔作業を効率化・作業環境を整えるアイテムをご紹介

ここからは、遠隔作業を効率化・作業環境を整えるアイテムをご紹介します!

①Bluetoothスピーカー

endProduct1303

音声出力のスピーカーです。Bluetoothで接続可能なので、コードが邪魔になることはありません。1回の充電で8時間程使用可能なため、時間を気にせず使用できます。また、高感度マイクが内蔵されています。ハンズフリーのスピーカーフォンとしても活用でき、テレビ通話や会議にピッタリです。屋外でも使用可能な程の防水を備えており、水仕事でも使用できます。

②高画質Webカメラ

endProduct1296

テレビ通話にはカメラが欠かせません。Webカメラを使用することによって、画面をよりクリアに視界も広く映すことができます。大人数でのテレビ会議にも適しています。使い方も簡単で、USBに挿すだけで使え、さらにテーブルにおいて使う、画面に挟んで使う、三脚にも対応するなど、さまざまなシーンで活用できます。

③マイク内蔵Webカメラ

endProduct1297

こちらも同じくマイクが内蔵されたWebカメラです。500万画素とカメラの映りもクリアになります。30fpsのストリーミングで映像もキレイに映ります。さらに、360度の集音マイクが付いており、声がクリアに聞こえるのも特徴です。120度の広角レンズを採用しており、大人数でのテレビ会議参加にも最適です。ノイズリダクション機能搭載で、音声データを分析して周囲の環境音など不要な雑音を軽減してくれるので、大切な商談や会議には持ってこいですね。

④LEDリングライト

endProduct1299

こちらはLEDのリングライトです。youtuberが増えて、このライトもよく目にするようになりました。自分で動画を撮ったり、遠隔のテレビ会議で商品を見てもらったりする際に、少しでもキレイに良く映るように工夫したいものです。こちらは調光可能なLEDリングライトで、直径26cmになっています。用途に合わせて光を調整できるように色温度が調整できる照明が3モードと、明るさの調整は10段階可能になっています。

⑤三脚型リングライト

endProduct1300

こちらも同じくLEDのリングライトです。三脚スタンド付きでリモコン操作ができるので、かなり便利です。直径26cmで高さは最大210cm、自由に調整ができます。美肌効果、エンジェルアイの設定が可能で、光の種類も3つあり、明るさは20~100%まで設定することができます。

Zoom以外で遠隔テレビ通話ができるツール:まとめ

さまざまな遠隔テレビ通話ができるツールがありますが、有名な企業が提供しているツールがほとんどです。これならアプリやブラウザで安心して利用できます。また、それぞれに特徴的な機能があり、無料版や有料版、用途に合わせて選択するとより便利に使えます。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
オフィス・ビジネスチーム

社会人必見!ビジネスシーンで大活躍するハイエンドなアイテムから、オフィスに置いておきたい便利なグッズまで取り揃えてご紹介しています。