パターン別に関する就職おめでとうの伝え方!

就職といっても、初めて社会人として就職する人もいれば、前の仕事を辞めて次の仕事を探して就職する人などいろいろいらっしゃいます。なので、就職する年齢も異なることでしょう。就職のお祝いをする相手が誰なのかによっても、注意すべき点や「おめでとう」のお祝いの言葉も異なります。場合によっては伝えてはいけない言葉や、マナーもあるので、それぞれのパターンごとに見てみましょう。

先輩から後輩への「就職おめでとう」

先輩から後輩へのお祝いであれば、少しフランクになっても良いかもしれません。あまり堅苦しくなりすぎると、もらった側も気を使わせたり、指導されているかのような気分になる可能性があります。人生の先輩として、後輩の長所や伸びる可能性のある部分などに触れてくだされば、自分の良いところを見てくれていたとうれしく思います。新しく仕事に就くことへの不安もあるでしょうから、先輩からの応援メッセージがあると、安心するし頑張れます。メッセージとしてイベント事など共通の思い出やエピソードを添えるとさらに良いでしょう!

後輩から先輩への「就職おめでとう」

先輩へのお祝いとなると、上から目線になることなく、敬う姿勢が大切で、丁寧な印象のメッセージが良いです。先輩に助けてもらいながら仕事や学業、スポーツなどを頑張ってこられたこともあるでしょうから、そういった感謝の気持ちも添えると良いかもしれません。こちらも共通の思い出やエピソードを添えるようにしましょう!

親戚から親戚への「就職おめでとう」

親戚というと、結構難しいところですが、イベント時にしか交流がなかったり、密に連絡を取っていてよく一緒に出かけたりと、親戚によって付き合いの度合いは異なると思います。ご近所さんでよく一緒に出かける親戚に、挨拶だからと堅苦しいお祝い文は見合いません。すこしくだけた印象のお祝いのほうが良いでしょう。

逆に、交流があまりない親戚であれば、より丁寧な「おめでとう」のお祝いの言葉のほうが良いと思われます。内容としては、「小さい頃は〇〇でしたね」と親戚ならではの、子供の頃のエピソードや実家や家族ぐるみのエピソードについて記載すると、昔を思い出されてとても感慨深く、よりいっそう喜びが増すことでしょう。

家族への「就職おめでとう」

家族となると兄弟へのお祝いをすることもあるかもしれませんが、子どもへ贈る場面が多くなります。生まれてからここまで大きくなって、社会人として旅立っていくのですから、うれしさも寂しさもあり感慨深く感じることでしょう。就職への「おめでとう」のお祝いはもちろんのこと、新しい生活への応援も添えてあげてください。そして、社会人として成長しても、やはり困る場面も出てくるでしょう。困った時にはいつでも頼ってほしいというようなメッセージも、安心を感じられますよ。

恋人への「就職おめでとう」

恋人は、家族や先輩・後輩や友人とは異なり、何もかも知っている訳でもなくそれ程遠い存在でもなく、つらいことも共有でき、甘えられる存在で、一緒に寄り添える存在だと思います。恋人から思いがけず、就職のお祝いをもらうと、とても驚き、うれしいことでしょう。年上だとしても説教くさくならず、相手に寄り添うようなメッセージであれば、一緒に頑張っていけるように感じてうれしくなることでしょう。これからの二人の将来についても触れても良いかもしれませんね。

「就職おめでとう」のメッセージでは「忌み言葉」に気をつけよう!

就職に関することなので、幸先が悪くなるような印象は与えたくないですよね。物事に関して悪い印象を与えてしまうような言葉を忌み言葉といいます。

例えば、高校や大学などの入学試験でよくありますよね。すべる・ころぶといった言葉を使うと入学試験に落ちるという印象を与えてしまうなど。そういった言葉を書いてしまわないように気を付ける必要があります。せっかく「おめでとう」のお祝いの言葉をもらったのに、そんなワードを目にしてしまうと、嫌な気分になったり、不安になったりするかもしれません。

切る・消す・取り消すといった言葉は、就職先との縁が切れてしまうといった印象を与えてしまいます。傾く・倒れるといった言葉は、会社の経営が傾き倒産するというような印象を与えてしまうので注意が必要ですね。

就職のお祝いを贈る最適な時期は?

就職のお祝いの時期は考えるほうが良いでしょう。就職が内定してから実際に入社して仕事を始めるまでに、かなり期間が空く場合があります。もし早々に就職のお祝いをしてしまっても、内定取消になる場合や内定を辞退する場合もあると思うので、早すぎても良くありません。逆に遅すぎても良くありません。

だいたい就職1か月~2か月前までに贈ることが一般的で、遅くても入社してから1か月後までには贈るようにしたいですね。

・関連記事:フレッシュマン社員に喜んでもらうためには?おすすめのプレゼントをご紹介! 

「就職おめでとう」の言葉に添えたいプレゼントランキング5選!

ここからは、「就職おめでとう」の言葉に添えたいプレゼントランキング5選をご紹介します。

就職おめでとうのプレゼント①:カップ・グラス

endProduct1674

津軽びいどろのロックグラスペアセットです。津軽びいどろは日本ならではの情景の色彩を表現しているガラス技術で、とても美しい色合いを表現します。鮮やかで躍動感のある日本の祭りと花火をモチーフとして映しとったグラスは、まるでガラスに命が吹き込まれたかのようなきらめき!一番は炭酸飲料との相性で、シュワシュワの飲み物にキラキラのグラスがとても栄えて映ります。それ以外にも、野菜スティックを入れておしゃれにいただいたり、旬のフルーツを詰め込んだすてきなインスタ映えも間違いなしです。

endProduct2391

オフィスや在宅ワークでのコーヒーブレイクで使ってもらえるマグカップもおすすめです。やさしい質感とユニークさのある木製のマグ。追加料金が必要にはなりますが、名入れサービスもあるので、他の人の食器と混ざりにくいのも嬉しいですね。世界に一つだけの特別なマグをプレゼントしてみては?単品の販売もされています。

就職おめでとうのプレゼント②:シャンパン

endProduct62

就職のお祝いに家族や仲間でパーティーをする人もいることでしょう。お祝いパーティーに必ずありそうなのがシャンパンですよね。平凡なシャンパンではなく、せっかくのお祝い!主役の似顔絵がシャンパンのボトルにあったら一層盛り上がりそうですよね。こちらはシャンパンボトルに似顔絵を入れてくれる世界に1本だけのシャンパンなんです。しかも、写真を元にして制作されているので、クオリティーも本人そっくり!また、ボトルにはスワロフスキーがついており、ゴージャス感も満載です。デザインも種類もいくつかあるので、好きな物を選んであげてくださいね。

就職おめでとうのプレゼント③:お菓子の詰め合わせ

endProduct58

現代技術のSNSで話題となっている昔ながらの伝統菓子です。一見コンペイトウのように見えますが、あられに砂糖蜜をかけた素朴な甘さの、新潟で115年も続く伝統のお菓子なんです。このお菓子に飲み物を注ぐと、周りの砂糖が溶けて、数秒であられがプカプカと浮かんできます。まるで小さな星を集めたような、とてもかわいらしい「浮き星」の様子が見られます。丸缶に入っており、ゆきだるまとはくちょうのデザインが施された、こちらもとてもかわいらしいセットになっています。

endProduct2251

いろいろな味のクッキーが楽しめる目にも楽しいクッキーセットもおすすめです。こちらはシェフが京都らしい素材を使い味をデザインしたユニークな詰め合わせ。甘い味からしょっぱい味まで楽しめるので、甘いものが苦手な方や珍しいものが好きな方にもよろこんでいただけるでしょう。

 

就職おめでとうのプレゼント④:お皿

endProduct183

就職のお祝いにふさわしい縁起の良いプレゼントです。紅梅色の八角皿と箸置きのセットです。風水的に縁起の良いものとされている八角形の形をしています。紅梅は、令和の由来にもなった万葉集にも歌がある、古くから親しまれているもので、令和の現代には持ってこいの一品ですね。見た目だけでなく、電子レンジや食器洗浄機に対応しており、性能まで現代に適しています。

就職おめでとうのプレゼント⑤:ワイン

endProduct276

少し大人のお酒のような印象のあるワインのプレゼントです。就職して大人の仲間入りをしたような気分になりますね。それもただのワインではありません。着物に身を包まれたボトルのワインなんです。帯には刀を挿しておりとても格好良い一品です。グラスがセットで販売されているものと、ワインボトルが2本になっているものとを選ぶことができます。男性の着物だけでなく、女性の振袖や着物のタイプもあるので、成人式のプレゼントとしても人気の商品です。相手に合わせて選択してあげてくださいね。

endProduct2213

お酒が飲めない・お酒を飲まない方へのプレゼントならこちら!ノンアルコールなので安心ですね。100%デラウェアを使って作られているので、味や飲みごたえもバッチリです。ヘルシーなお祝いをしたい方に。

まとめ:就職おめでとうにプレゼントを添えよう!

就職は人生の一大イベントの一つです。成長して就職できた喜びがありますし、これからどんなことが待ち受けているんだろうと不安も残ります。そんな中で就職のお祝いや「おめでとう」のメッセージをもらうと、安心しますし、とてもうれしい気持ちになると思います。メッセージやプレゼントに注意する点はありますが、お祝いする気持ちを大切にして、応援の気持ちも込めてお祝いをしてあげてくださいね。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪