母の日のプレゼントをもらったらお礼って必要?

そもそも母の日のプレゼントにお礼って必要なの?!と思うかもしれませんね。贈り物にはお返しが必要なものと必要ではないものがありますが、母の日のプレゼントは、「お返しの必要がない贈り物」とされています。しかし、多くの母親が何らかのお返しをしているようです。それは、単純に「プレゼントをもらったから」というわけではなく、良好な関係を築くために必要なものと考え贈っているようです。

母の日は母への感謝の気持ちを伝える日!お返しは必要ない

母の日は、日ごろのお仕事や家事・育児をがんばっているお母さんに、「感謝の気持ち」を伝える日です。「いつもありがとう」という気持ちをプレゼントを渡して伝えているので、それに対して、お返しをする必要はありません。子どもからプレゼントをもらったら「ありがとう」と伝えればそれで充分です。

嫁や婿との関係を良好に保つためにはお礼をしたほうが良い

本来なら母の日のお礼は必要ありませんが、嫁や婿がいる場合は少し事情が異なります。結婚して身内になったとはいえ、娘や息子とは違います。「ありがとう」という言葉だけでなく、何かもうひとつ欲しいですよね。少し大げさでも「嫁や婿から母の日を祝ってもらえてうれしい」という気持ちが伝わるようなお礼をすることで、良好な関係を築くことができます。

おすすめの母の日のお礼の方法

母の日のお礼は、言葉で伝える方法と、プレゼントを贈る方法があります。

1、お礼の気持ちを言葉で伝える

以前は、贈り物が届いたら電話でお礼を伝えるというのが一般的でしたが、今は女性も仕事をしていて、電話だと連絡を取りづらいということもあります。メールやLINEで「ありがと」という気持ちを伝えましょう。嫁や婿に対してメッセージを贈るときには、プレゼントの気に入ったポイントや、感想を交えてた文章にするのがおすすめです。

2、プレゼントを贈る

母の日のお礼は必要ありませんが、お礼を贈るのが失礼というわけではありません。最近は核家族化が進み、普段顔を合わせる機会が減っている人も多く、プレゼントをもらいっぱなしになるより、お返しを贈ったほうが気持ちが楽になる親世代も多いです。

母の日のプレゼントのお礼に品物を贈るときの注意点

母の日のプレゼントで、お礼の品物を贈るのは失礼なことではありませんが、贈り方によっては、相手に不快に思われてしまうこともあるので注意が必要です。

郵送で届いた場合はすぐに連絡を

遠方に住んでいるなど直接会うタイミングがなく、郵送で母の日のプレゼントが届いた場合には、LINEやメールでも良いので、すぐに届いたことの連絡をしましょう。お返しの品物を贈るからと、何も連絡をしないでいると「届いていないのかな」「気に入らなかったのかな」と、不安に思わせたり、「プレゼントを受け取って連絡をしてこないなんて非常識な人だ」と思われてしまいます。特に嫁やむこにありがとうという気持ちを伝えることが大切なので、子どもに連絡をする場合には、必ず嫁やむこにもお礼を伝えてもらえるように言っておきましょう。

予算はもらったプレゼントの半額〜1/3の金額

お返しの品物を用意する場合には、もらったプレゼントの金額に対して半額〜1/3で用意しましょう。もらったプレゼントより高いお返しをするのは、「プレゼントはこれくらいのものを用意しなさい」と言っているように思われてしまい、大変失礼なことです。

お礼の品物を贈る時期

お礼を贈る時期は、早すぎても遅すぎてもいけません。早すぎるともらうことを前提に用意していたと思われてしまいますし、遅すぎると何のお礼かわからなくなってしまいます。プレゼントをもらってから1〜3週間以内に贈るのが目安です。

母の日のお礼にプレゼントを渡すならどんなものがいい?

親世代と子ども世代では、好みも必要なものも違います。母の日のお礼の品物を贈るなら「形に残らないもの」を選ぶのがおすすめです。ここでは、お礼のギフトとして喜ばれるものをご紹介します。

お菓子

お菓子は、お返しギフトの定番です。食べるとなくなるので、母の日のお礼にもぴったりです。個包装になっていて、日持ちをするものがおすすめです。クッキーやゼリーなど、嫁やむこの好みに合うものを選ぶのがおすすめです。

グルテンフリーのバスクチーズケーキ

endProduct2242

小麦粉を使わず米粉で仕上げたバスクチーズケーキです。近年て定番チーズケーキに仲間入りしたバスクチーズケーキは、スイーツ好きさんが喜ぶこと間違いありません。お礼の品にもぴったりのサイズ感です。

kaju(琥珀糖)

endProduct2188

カシューチョコ

endProduct2214

グルメな食パン

朝食やおやつの時間がちょっぴりリッチになる高級食パンなどのグルメな食パンも、あまり堅苦しくないギフトであると同時に、喜ばれるお返しです。

パンダ食パン

endProduct1083

SNSでも話題のパンダ食パン。人気過ぎて入手困難な食パンなので、ギフトで贈ると喜んでもらえます。かわいいだけでなく、色付けは野菜や果物を使っているというこだわりも。お子様がいらっしゃるご家庭へのギフトにもおすすめです。

KURI食パン

endProduct1710

シュシュの生食パン

endProduct330

コーヒーや紅茶

コーヒーや紅茶など、飲み物のギフトもおすすめです。リラックスタイムを充実させられるようなギフトは喜ばれます。コーヒー派、紅茶派、ノンカフェインなど好みに合わせて選びましょう。

コーヒースタイルブーケ(プレミアム)

endProduct1091

ペーパードリッパー付きなので、飲みたいときに手間なくおいしいコーヒーを入れることができます。

ティーバッグ アソート

endProduct585

ウェッジウッドのティーバッグセットなら高級感もあり、いつもよりぜいたくなティータイムが楽しめます。ティーバッグタイプは、簡単においしい紅茶を入れられるので、プレゼントでもらっても喜ばれます。

柿の葉茶・ドライフルーツセット

endProduct2113

カフェオレベースセット

endProduct1997

カタログギフト

嫁や婿の好みがわからないというときには、カタログギフトを贈るのもよいでしょう。趣味に合わない贈り物は、もらっても困ります。カタログギフトなら好きなものを選ぶことができるので、そのような心配もいりませんし、お返しの品物を考える手間も省けます。

≪dancyu(ダンチュウ)≫ CA

endProduct599

厳選されたお取り寄せグルメが掲載されているカタログギフトです。食べてみたかったものが載っているかもしれません。食べ物だけでなく、調理グッズもあるので、贈られた人が好みに合うものを選ぶことができます。

商品券

直接は言いづらいですが、商品券はもらってうれしいギフトです。自分で好きなときに、好きなものを買えるのが良いところ。現金だと生々しすぎると感じる人も、商品券なら渡しやすいでしょう。

母の日にプレゼントをもらったらお礼をしよう

母の日のプレゼントは、本来お礼をする必要はありませんが、良好な関係を保つためには、何かお返しをしたほうがよいでしょう。嫁や婿と仲良くなるきっかけになるかもしれませんよ。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪