知っておきたい!正しい離乳食の進め方とは?

離乳食は5〜6カ月になったら開始するというイメージがありますが、じつは違います。多くのママは、5カ月ごろからスタートすると思っているかもしれません。しかし、正しくは発達段階がクリアしていなければ、離乳食を進められないのです。発達基準は
・首が完全に座っている
・大人が食べているものに興味を持ち出した(一緒にパクパクと口を動かす)
・支えがあれば座れるようになった
といったような成長が見られれば、開始しても大丈夫です。つまり、月齢が5〜6カ月ごろに、この発達基準をクリアしている赤ちゃんが多いということなのです。

離乳食1カ月目の進め方カレンダー

いざ離乳食を始めようと思っても、進め方が分からなかったり、何をあげれば良いのか悩むと思います。進め方に悩んだ方は、離乳食の進め方の参考にしてください。

離乳食開始【1週間目】

まずは、10倍がゆから進めていきます。10倍がゆとは、お米を通常の10倍の水の量で炊いたものを、滑らかにすりつぶし、裏ごししたものです。初めは小さじ1杯からはじめて、2日ごとに2杯、3杯と増やしていきましょう。

離乳食開始【2週目】

2週目からは、野菜をプラスさせましょう。にんじんや大根、かぼちゃなどから進めてください。野菜も1杯ずつ量を増やしていくのですが、2日に1回ずつ違う種類の野菜をあげるようにしましょう。アレルギーがある可能性もあるため、どの野菜で出るかを特定したいからです。10倍がゆの量も少しずつ増やしつつ、野菜の量や種類を増やしていってください。

離乳食開始【3週目】

3週目は、魚や豆腐といったタンパク質が追加されます。魚は脂肪が少なく消化吸収の良い白身魚を利用し、豆腐も必ず加熱したうえで、ペースト状にしてください。おかゆに野菜を混ぜたりして、食べるバリエーションを増やしていくのもおすすめです。

離乳食開始【4週目】

1カ月目の最後の週は、おかゆと野菜、タンパク質の量を少しずつ増やしていきます。目安としては、おかゆが30g、野菜が15g、タンパク質が5gです。

離乳食を進めていくうえで大切なポイント

では次に、離乳食を進めるなかで、気をつけておきたい大切なポイントが4つあります。離乳食は成長へのステップアップの一つです。ポイントに気をつけて、親子で楽しく離乳食を進めてください♪

(1)初めての食べ物は平日の午前中に

離乳食はどんどんステップアップすると、2回食から3回食へと増えていきます。食べられる種類を増やしたい気持ちは分かりますが、初めて食べるものは1日1回、平日の午前中に食べさせましょう。
もし、食べたものにアレルギー反応を起こしてしまったら、すぐに病院に行かなければいけません。しかし、夜や休日だと病院が空いていないので、処置が遅れてしまう可能性もあります。命に関わることなので、必ず平日の午前中に進めてください

(2)機嫌がいいときにする

離乳食の時間はだいたい決まっていますが、機嫌が悪いときは無理に食べさせなくても大丈夫です。眠たいときや空腹すぎると、どうしても食べたくないと泣いて嫌がることもあります。そんなときは、時間を変えてみたり、1日お休みをしても問題はありません。赤ちゃんのペースでのんびり進めてください。

(3)無理に続けない

離乳食を拒否する赤ちゃんもいるのですが、無理に続ける必要はありません。全然食べてくれなくて悩んでしまうママもいますが、一生ご飯を食べないなんてことはありませんので大丈夫です。それに、少量のご飯や野菜を食べないだけで、栄養が不足するになることはありません。
どうしても食べてくれないのでしたら、思い切って1週間くらい空けてみましょう。食べたくない赤ちゃんと食べてほしいママの気持ちがぶつかってしまっています。離乳食をいったんお休みしてリフレッシュしてから、再開しても遅くはありませんので、安心してください。

(4)焦らない

周りと比べて、なかなか離乳食が進まないことに対して焦らずとても大丈夫です。今は、ネットやSNSで他人の情報を簡単に見られる時代なので、比べる対象が多いかと思います。もちろん、良い方に働くこともありますが、ネガティブなことの方が気になってしまうでしょう。しかし、焦ったって離乳食を食べてくれるようになるわけでもありません。 離乳食は親子で楽しく進めるのが成功の秘訣(ひけつ)です。ぜひ楽しくコミュニケーションを取りながら進めてください。

離乳食の進め方を楽しくできるグッズ

どうせなら楽しく離乳食を進められるグッズをそろえたいですよね。かわいいグッズは、ママのテンションも上げてくれるので、ぜひ見てるだけでも癒やされるグッズを集めましょう。

1.離乳食を入れるお皿


endProduct384

離乳食を入れるお皿は何でも良いのですが、どうせならかわいいお皿を準備しましょう。正直、離乳食作りは大変なことも多いので、ネックに感じてしまうこともあります。少しでも楽しいものにするためにも、かわいいと思えるお皿を準備しておくことをおすすめします。赤ちゃん時期だけでなく、ある程度大きくなってからも使えるものにすれば、子どもの成長も見られるので、思い出が深いものになります。

2.コップの練習ができるもの

endProduct2259

ごはんが食べられるようになれば、お茶やお水を飲むようになります。自分で持って飲む練習ができるコップを利用して、コップで飲めるようにしましょう。離乳食と同じで、初めは飲んでくれませんが、練習すればゴクゴク飲めるようになります。
こちらの商品は離乳食期よりも少し大きくなったお子さん向けですが、この商品のようにハンドルが付いていて、ストローやスパウトがついているものから始めると、哺乳瓶の乳首から次のステップへと移りやすいです。

3.自分で食らべれるスプーン


endProduct2260

離乳食が進んでいけば、食べさせるだけでなく、自分で食べるように練習します。しかし、赤ちゃんは手先が器用ではないので、スプーンは握って持つ方法です。そこで、握って持つ方法でも食べやすいように曲がったスプーンを準備してください。口に運びやすいので、自分で食べる楽しさが理解できるようになるでしょう。

4.座って食べられるイス


endProduct1663

離乳食は自分で座って食べなければいけません。安全に座って食べられるイスを準備しましょう。ハイテーブルであれば、ハイチェアのものもあるので、それぞれの家庭にあったイスを用意しましょう。

5.歯ブラシの練習も忘れずに


endProduct1927

離乳食が進み、歯が生え始めたら歯磨きもスタートです。離乳食と同じく、口の中に得体の知れないものが入るのは怖がります。なので、日頃から歯固めのようなものを使って、慣れさせておきましょう。

離乳食の進め方をマスターして親子で楽しく始めよう!

離乳食は赤ちゃんとママにとって大きな成長です。初めてのことばかりで戸惑ってしまうことも多いと思います。しかし、離乳食は楽しく進められるかが重要なので、離乳食に疲れてしまったら少し休憩して、また再開させましょう!

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
ベビーキッズチーム

出産のお祝いからお友だちのお子さんの誕生日プレゼント、入学のお祝いに最適なプレゼントまでわかりやすい記事をお届け♪