焼き菓子詰め合わせのような手土産の選び方


焼き菓子詰め合わせといえば、手土産にはピッタリのアイテムです。しかし、どんなものが良いのか、どうやって選ぶべきなのかなど悩むことと思います。そこで、以下では選び方について紹介するので、チェックしていきましょう。

取引先であれば相手の職場や部署の人数を考える

手土産を渡す予定である相手の職場や部署の人数を、考えましょう。人数の多い部署であれば、なるべく1人1つ当たるように多めの焼き菓子を手土産として準備してください。

逆に、人数が少なければ1人2つ程度を目安に選びます。たとえば、5人しかいない部署であれば、焼き菓子5つだけ準備するとなると手土産を渋っているように思われるかもしれません。多すぎても少なすぎても、相手に良い印象を与えないので、人数や数に注意して選ぶようにしましょう。

家族や周りの人のことも考える

手土産を家へ持ち帰る人も、多くいます。その場合は、相手の家族のことも考えて選びましょう。

たとえば、小さなお子様がいる家庭であれば、和菓子よりもクッキーやゼリーのほうが食べやすくなっています。 

逆に、年配の方であれば、洋菓子よりも和菓子のほうが喜ばれるでしょう。持ち帰ったあとに本人だけでなく、家族も気持ちよく食べてもらえるものを選んでください。

手土産の相場はいくら?

手土産の相場は、手土産を渡す相手によって変わります。以下を参考にしてください。

・取引先…5,000〜10,000円
・友人への差し入れ…3,000円
・謝罪の場合…5,000円
・初対面の相手…3,000〜5,000円

手土産は、シーンや相手によっては相場が変わるので、どれに当てはまるのかを考えて選ぶようにしてください。どれに当てはまるのか分からないという場合は、無難に5,000円前後の手土産にしましょう。

相手の好みのものにする

手土産は自分の好みではなく、相手の好みのものを選びましょう。良く知っている相手であれば、好きな食べ物や好みのものを選んでください。もし、あまり知らない相手に渡す場合は、好みが分かれにくいものや、いろいろな種類が選べる手土産にしましょう。

たとえば、焼き菓子詰め合わせであれば、クッキーやフィナンシェ、ケーキなど洋菓子でも種類がたくさんあるので、好みが分からない人にも送りやすい品です。

焼き菓子詰め合わせのような手土産の渡し方

手土産の渡し方には、ルールがあります。渡し方や添える言葉を間違えると、相手に悪い印象を与えかねません。渡す相手の失礼にあたらないように、以下のマナーを把握しておきましょう。

取引先へ訪問した場合

取引先へ訪問した際に手土産を渡すタイミングは、あいさつが終わったあとです。

手土産の渡し方は、紙袋から品物だけを取り出して、両手で差し出すように渡しましょう。品物を入れていた紙袋は、ご自身で持ち帰ってください。ちょっとした気遣いですが、相手への配慮ができているかで印象も変わるので、ぜひ意識して渡しましょう。

会食の場合

会食で渡すタイミングは、食事が終わって帰るときです。

取引先で渡す際には紙袋は持ち帰るのですが、会食の場合は取引先側も持ち帰らなければならないので、品物は出さずに紙袋のまま渡しましょう。渡す際には「紙袋のまま失礼いたします」と一言添えて、渡しましょう。たった一言ですが、相手への気遣いができているので、好印象になるはずです。

渡すときの言葉

手土産を渡す際は、「お口に合うか分かりませんが」と一言添えましょう。他にも「最近人気の品です」など、気持ちよく受け取ってもらえる言葉を使います。

昔は良く使われていた「つまらないものですが」という言葉ですが、つまらないものを渡すという行為が相手へ失礼な印象を与えてしまうので、使用しないようにしてください。謙遜した言い方に思えるかも知れませんが、失礼な言葉なので注意しましょう。


endContent620

焼き菓子詰め合わせのおすすめ5選

ここでは手土産に最適な、焼き菓子詰め合わせを5つ紹介していきます。 ぜひ、用途に合わせたものを選んでください。

銀座ウエスト ギフトセット

endProduct736

銀座の老舗洋菓子店のギフトセットです。リーフパイ20枚とバタークッキー4袋、ヴィクトリア8袋の大容量なので、喜ばれること間違いありません。 ヴィクトリアは、クッキーとスポンジ生地を合わせてあり、温めるとふわふわな食感が楽しめます。2パターンの楽しみ方ができるのは嬉しいですね!子供から大人まで食べやすい焼き菓子なので、手土産には最適です。

アンリ・シャルパンティエ「プティ・タ・プティ・アソート」

endProduct784

箱を開けた瞬間、色とりどりの洋菓子が目に飛び込んできます。マドレーヌやフィナンシェ、クッキーなどが詰め込まれており、どれを食べるか迷ってしまいそうです。見た目も華やかなので、お祝いごとの手土産にピッタリです。

グマイナー「G.M.テーゲベック24」

endProduct946

ピンクの箱に中身もかわいらしく、開けた瞬間幸せな気持ちになれる焼き菓子詰め合わせです。全部で32個入っているので、大人数の相手先にも渡せます。手土産だけでなく、女性への贈り物としても喜ばれる品物です。

アンテノール「エスプリ・アンテノール」

endProduct2507

クッキーやラングドシャなど、バラエティ豊富なので飽きも来ず、選ぶのも楽しくなる焼き菓子詰め合わせです。全部で33個入っているので、大人数で分けられます。また、いろいろな種類があるので、家族で数種類ずつ楽しみながら食べられるでしょう。

アーモンドマイスター

endProduct3085

ザクザクとした食感が楽しい、アーモンドを使った焼き菓子です。中にはアーモンドとキャラメルが入っているので、大人な味わいと言えるでしょう。個包装になっているので、取引先の手土産としてもおすすめです。

手土産は焼き菓子詰め合わせで決まり!

日本人は手土産を渡す習慣があり、中でも手軽に食べられる焼き菓子詰め合わせは重宝します。焼き菓子詰め合わせは、子どもからお年寄りまで食べやすいので、手土産に持っていけば喜ばれるでしょう。手土産を渡すタイミングや渡し方など、細かいルールがあるので難しいと思うかも知れませんが、しっかりとルールを理解した上で渡すようにしましょう。添える言葉も要注意です。失礼にならないように、配慮しながら渡しましょう。


endContent733


注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
グルメ・スイーツチーム

美味しいものに目がない!食いしん坊バイヤーが厳選したグルメ・スイーツの記事を中心にご紹介!誕生日ケーキや、ギフトにぴったりのスイーツ情報も♪