キャンプをバイクで行くときのおすすめの持ち物とは?


バイクでキャンプに行くときの、おすすめの持ち物について紹介します。 キャンプはテントや寝袋など大きな道具があるため、どうしても荷物が多くなってしまうのが特徴です。 しかし、バイクに積める量には限界があります。 対策としては、必要最低限の道具しか持たないようにしたり、コンパクトに収納できるアイテムを選ぶようにしましょう。 以下の持ち物を参考に、自分に必要なものかを見極めて準備してください。

バイクキャンプに必ず持って行くもの

まずは、キャンプに必要不可欠の道具を紹介します。
・テント一式
・寝袋
・グラウンドシート
・ランタン
・食器(お皿やコップ、おはしなど)
・ナイフやハサミ
・たき火台
・火起こしに使うもの(軍手・うちわ・着火剤・チャッカマンなど)
・モバイルバッテリー これらがあれば、寝る場所や食べ物には困りません。

バイクキャンプにあると便利なもの

次に、絶対に必要ではありませんが、あれば便利なグッズです。
・テーブルとイス
・調理器具(まな板や調味料など)
・保冷バッグ
・ペーパー類(トイレットペーパー・キッチンペーパー・ウエットティッシュなど)
・虫対策グッズ(虫よけ・かゆみ止めなど)
・救急セット(ばんそうこう・消毒液など)
・サンダル
・折りたたみ傘
・ごみ袋
・冷感グッズ(夏)
・防寒グッズ(冬)
・地図
・工具
・ラジオ
・カメラ
・バッグのレインカバー
これらのグッズは、あれば必ず使えるものです。 荷物に余裕があるのであれば、なるべく持って行くようにしましょう。

バイクキャンプに必要な衣類

そして、最後は着替えなどの衣類です。
・着替え一式
・防寒着
・レインコート
・歯ブラシセット
・コンタクトやメガネ
・タオル
・お風呂セット
・汗拭きシート
 夏場のキャンプは、思いのほか汗だくになるので、着替えやタオルは多めに持っていきましょう。 また、キャンプ場にお風呂が併設されていない場所に泊まっても、帰りは温泉に寄る予定があれば、お風呂セットも忘れないでください。 以上が持ち物リストです。 この中から自分に必要な荷物を厳選して、バイクに積み込んでいきましょう。

バイクでキャンプに行くにはおすすめの積み方がある

バイクでキャンプに行く場合は、積み方にコツがあります。 今回は、おすすめの道具を紹介するので、1度持って行く予定の荷物を積み込んでみましょう。

サイドバッグを使う

バイクに荷物を詰め込むのであれば、サイドバッグを使いましょう。 サイドバッグを使えば、バイクの両サイドに荷物を詰められます。 大きめの荷物も入れられるので、持っていける幅が広がるでしょう。 ただし、注意しておきたいことが1点あります。 サイドバッグがあれば、キャンプの荷物をたくさん詰め込めるのですが、そのぶんバイクが重たくなります。 カーブ時や悪天候での運転は、充分に注意して転倒など事故のないように気をつけて走行してください。

ネットで固定する

シートバッグの上に寝袋のような荷物を固定する場合は、バイクツーリング専用のネットを使いましょう。 自転車用で代用すると強度が弱いため、走行中にネットが切れてしまう可能性があります。 もし、ネットが切れてしまえば、道の真ん中で荷物がバラバラになり、他の人にも迷惑をかけてしまうでしょう。 最悪の場合は、命に関わる大事故につながるかもしれません。 安全面を考えて積載するのも、バイクキャンプのマナーです。

バックパックを使う

バイクに乗せ切れない荷物やすぐに取り出したいものがあれば、バックパックを利用しましょう。 細かいものや貴重品は、バックパックに入れれば安心です。 中は少し余裕があるくらいで準備すれば、途中で買い物をした食材や入りきらない荷物も簡単に入れられるでしょう。

バイクで行くキャンプにおすすめグッズ5選

では最後に、バイクで行くキャンプにおすすめのグッズを5つ紹介します。 一緒に行く相手と共有しながら、楽しいキャンプを過ごしましょう。

ウッドスピーカーランタン

endProduct2867

こちらは充電式のランタンで、体と心を癒やす独特のゆらぎがある明かりが特徴です。 また、スマホから音楽を飛ばせるので、好きな音楽を聴きながらキャンプを楽しみましょう。

フォレストランタンLED


endProduct2856

オイルランタンのようなフォルムをしていますが、こちらは充電式のLEDランタン です。 約4〜6時間でフル充電でき、ハイパワーで3時間、ローパワーで80時間も連続使用できます。 やわらかみのある温かい灯りが、キャンプの夜を照らしてくれるでしょう。

フィールドマスター


endProduct2220

キャンプに必要な道具が1本に凝縮されているグッズです。 ハサミやカッター、栓抜き、のこぎりなど、全部で15役もこなせます。 これらを1つずつ持っていくのはかさばりますが、フィールドマスターがあればカバンのポケットに忍ばせておくだけで良いので、かさばりません。 キャンプ好きにプレゼントすれば、喜んでもらえるでしょう。

RAINCOAT


endProduct153

バイクで移動中に、急な雨に見舞われることがあります。 また、山の天気は変わりやすいので、予報では晴れていても急に雨が降るかもしれません。 バイクでのキャンプであれば、レインコートは必須ですので、準備しておきましょう。 こちらのレインコートはコンパクトに収納できるので、バックパックに入れておけば、急な雨でも取り出せますし、晴れたときにもサッとカバンに収納できるのでおすすめです。 ぜひ、一緒にいく仲間の分も、色違いでプレゼントしましょう。

折りたたみ傘


endProduct740

折り畳み傘も重宝します。 バイクから降りてからも雨が降っていれば、傘が必要です。 こちらの傘の重さは、なんと69gでスマホよりも軽いので、カバンに入れても重たくありません。 カラーは4種類あるので、キャンプ仲間でそろえてみてはいかがでしょう。

バイクで行くキャンプは持ち物と積み方が重要

バイクでキャンプへ行くときは、必要な持ち物を考えて詰め込みましょう。 何でもかんでも持って行くと、荷物がかさばるので、収納しきれない可能性があります。 持ち物リストを作るときは「本当に必要なもの」「持って行くと便利なもの」に分けて、厳選して準備するようにしましょう。 また、無理に詰め込むのではなく、ルールを守って正しく積み込んで、楽しいバイクキャンプを過ごしてください。


endContent810

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お出かけ・旅行チーム

知らなかった地元の良さを再発見!?ちょっとしたお出かけから、一度は行きたい遠くの名店まで、「読んで旅した気持ち」になれるような記事をお届けしています♪