必要な道具を一式そろえてソロキャンプデビューをしよう

アウトドアや自然が好きな人にとって、ソロキャンプというのは一つの憧れですよね。最近はソロキャンプの様子をYouTubeにアップする人が何人もいるほど、ソロキャンプが私たちの生活に身近になってきました。

ですが、一人でキャンプに行くということは、準備・キャンプ・片付けなどすべて一人でやらなければいけないということです。家族や友人とキャンプに行くときは、自分ができないことは他の人がやってくれるので、みんなで協力しながらキャンプを楽しめましたが、一人でのキャンプはそういうわけにはいかないですよね。

そこで今回は、楽しくソロキャンプデビューができるようにソロキャンプ初心者がチェックすべき実際に使える道具一式と、ソロキャンプの楽しみ方についてご紹介します。

ソロキャンプ初心者は要チェック!実際に使える道具一式をご紹介

ここではまず、ソロキャンプデビューにあたり準備しておきたい道具一式をご紹介します。ソロキャンプをしたことがないときは、あれもこれもと道具を準備してしまいがちですが、実際に使える道具は限られています。

ソロキャンプの場合は道具もすべて自分で運ばなければならないので、運搬の利便性も考えながら実際に使える道具をチェックしていきましょう。

テント、寝袋

キャンプでは、宿泊をするのか日帰りで楽しむかによって荷物が異なります。日帰りの場合は必要ありませんが、宿泊をする場合はテントや寝袋なども準備していきましょう。また、宿泊をしない場合でも、暑さ避けなどでテントがあると便利です。

テーブル、椅子、レジャーマット

キャンプ場で休んだり食事をしたりするとき用に、テーブル・椅子・レジャーマットを持参しましょう。

バーナー、鍋、カトラリー

キャンプに行ったら食事をする人がほとんどですよね。一人でも食事を楽しめるようにバーナー、鍋、カトラリー(ナイフ・フォーク・スプーン・箸)などをそろえましょう。

たき火をする場合

ソロキャンプデビューにあたり、たき火を楽しみにしている人もいるでしょう。たき火については、キャンプ場にたき火台や薪(まき)が用意されていれば、それをそのまま使った方が最初は安心です。火ばさみや消化品もあると便利です。

クーラーボックス

夏は特に、キャンプ場で冷えたものを飲んだり食べたりしたくなりますよね。その場合に備えて、クーラーボックスがあると便利です。車移動でない場合は持参が難しいと思いますので、移動手段によって持参の有無を決めましょう。

ランタン・ヘッドライトなどの照明

キャンプ場では、天気や時間帯によって視界が暗くなることがあります。そんなときでも安全に過ごせるように、ランタン・ヘッドライトなどの照明グッズを持っていきましょう。

ティッシュ・タオル・ごみ袋・軍手・着替え

これらはあると便利です。特に、ごみをキャンプ場に置いて帰るのは他の人の迷惑になりますので、マナーを守ってキャンプを楽しみましょう。

虫よけスプレー・蚊取り線香

キャンプ場では、住宅地にはいないような虫がたくさんいます。虫よけスプレーや蚊取り線香を使って、虫に刺されないようにしましょう。

誰もいないからこそ特別な空間:ソロキャンプの楽しみ方

それでは、ここからはソロキャンプの楽しみ方をご紹介します。

ソロキャンプデビューでは、最初から完璧を目指さない

ソロキャンプデビューをするときに初心者がやってしまいがちなのが、最初から完璧を目指してしまうことです。道具にしても入念に準備するのは大切ですが、準備だけをしていてもキャンプを楽しむことはできません。

何度かソロキャンプを繰り返していけば、自分の好みの道具や自分が楽しめるスタイルが見つかってきます。最初から完璧を目指さず、キャンプ自体を楽しみましょう。

道具をすべて購入できない場合はレンタルでもOK

新品の道具を一からすべて買いそろえるとなると、金額も大きくなります。初期費用をあまり準備できない人は、レンタルをしたり中古で譲ってもらったりすることを検討してもいいですね。

移動手段から食事のメニューまで自分の希望を思いっきりかなえる

ソロキャンプのいいところは、なんといっても自分ですべてを決められる点です。家族や友人とのキャンプも楽しいですが、他の人が一緒だとどうしても気を遣ったり、自分の希望を譲歩したりする場面がありますよね。

ソロキャンプは自分で何でも決められる最高の空間ですから、自分の希望を思いっきりかなえていきましょう。

誰にも邪魔されない空間を全力で楽しむ

ソロキャンプで一人テントの中で過ごす時間は、誰にも邪魔されない空間です。思いっきり自分の時間を楽しみましょう。

ソロキャンプに使えるおすすめの道具5選

さて、ここからはソロキャンプに使えるおすすめの道具を具体的に見ていきましょう。

充電式のLEDランタン

endProduct2856

最初にご紹介するのは、満タンまで充電すると80時間以上連灯するフォレストランタンです。充電式のLEDランタンは事故が起きる心配がなく、初心者におすすめです。

キャンプ場は昼間の時間帯でも周りが暗くなることがあるので、ランタンを持参すると便利です。

スリムに畳めて持ち運びが簡単なクーラーバッグ

endProduct2942

こちらはスリムに畳めて持ち運びが簡単なクーラーバッグです。折りたためないクーラーボックスは車がないと持ち運びが難しいですが、こちらのクーラーバッグであればスリムに畳めるのでソロキャンプにもおすすめです。

夏の暑い季節は、特にクーラーバッグを持参してキンキンに冷えたビールやジュースを飲むと、ソロキャンプの楽しさと醍醐味(だいごみ)を味わえること間違いなしです。

ソロキャンプの醍醐味をコーヒーとともに

endProduct2974

キャンプ好きの人の中には、キャンプ場で食べる食事を楽しみにしている人もいますが、それ以上にコーヒーを飲むことにハマっている人もいます。

こちらのフィールドコーヒーマスターはドリッパーが内包されているので、コーヒーの味をしっかりと楽しめます。

ソロキャンプが快適になるグランドパネルチェア

endProduct2976

キャンプ場にレジャーシートやレジャーマットを敷いて座ることもできますが、長時間過ごすには座り心地が悪いですよね。そんなときに便利なのが、こちらのグランドパネルチェアです。

長時間座ってもお尻が痛くならず倒れにくい形なので、ソロキャンプの強い味方になります。

キャンプ場に一つあると何かと便利な道具!「ナイフなハサミ」

endProduct3021

最後にご紹介するのは、キャンプ場に一つあると何かと便利な道具「ナイフなハサミ」です。ナイフとハサミの2役が一つになっているので、荷物を減らすこともできとても便利です。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
アクティビティチーム

モノより思い出派の方へぜひ読んでいただきたい「体験」アイテムを中心にご紹介♪こんな体験、したことない!が合言葉。