読書をすれば身に付く5つのスキルとは?


読書をすれば身に付くスキルを5つ紹介します。以下で紹介するのは、普段から読書をしている人には身に付いているスキルです。 どのスキルも持っていて損はありませんので、1つずつチェックしていきましょう。

読解力

まず1つ目は、読解力のスキルが身に付きます。なぜ読解力が身につくのかというと、本を読むのが習慣化している人は、作者や登場人物が何を伝えたいのかを、考えながら読むクセがついているからです。 ビジネスの場においても、文章を読む機会が多くあります。
たとえば、メールや資料などを読んで理解するスピードが早ければ、その分の仕事量もこなせるので、チームに欠かせない人材となれるでしょう。 つまり、相手の思いや考えを読み解く能力があれば、相手の立場に立てる会話や提案ができるスキルが身につくというわけです。

語彙力

読解力の他にも、語彙力が身に付きます。本を読めば、たくさんの言葉に触れるので、自然とボキャブラリーが増えていくからです。 日本語には、言い回しが違うけど、同じような意味を持つ言葉が存在します。 そのような言葉をうまく使い分けができれば、自分の考えを正確に伝えられるので、誤解を生むことも少なくなるでしょう。
 つまり、語彙力が身に付けば、相手に正確な思いを伝えられるので、人間関係のトラブルも未然に防げるということです。

知識や教養

さまざまなジャンルの本を読めば、自然と知識や教養がに身に付きます。 本には、1つのテーマを深掘りした内容が書いてあるので、1冊読み終えるごとに知識のアップデートが可能です。
たとえば、コミュニケーション能力を上げる本を読めば、コミュニケーション方法以外にも、相手と会話するときのコツや返事の仕方など、コミュニケーション能力を伸ばす前にやるべきことなども学べます。
 つまり、小説やビジネス本、趣味の本など、幅広く読めば読むほど、知識や教養が身に付くということです。

文章力

本を読めば、文章力も身に付きます。 普段から本を読んでいる人は、自然と文章力が身についているので、伝わりやすい文章がかけるのです。
 たとえば、企画書やプレゼンの資料作り、取引先や上司とのメールのやりとりにも文章力が役に立ちます。 特にメールは、短い文章で相手に正確な内容を伝えなければいけません。文章力が身についていれば、文章を書くときに、スラスラと言葉が出てくるでしょう。

コミュニケーション能力

意外かもしれませんが、コミュニケーション能力も読書で身に付きます。読書をすれば、知識や教養、語彙力が身につくので、話題も豊富です。 また、言葉の引き出しも多いので、相手と会話のキャッチボールも詰まらずに進めていけます。
 つまり、初対面の人でも、いろいろな話題で会話を膨らませられるので、コミュニケーション能力が高まっていくということです。

読書を始めるのにおすすめのジャンルは?


読書をしてこなかった人にいきなり本を読みましょうと言っても、何を読めば良いのか迷うと思います。 そこで今回は、読書初心者でもおすすめの本のジャンルを紹介します。 少しでも興味のあるジャンルがあれば、ぜひ本屋で手に取ってみてください。

映画・ドラマ・アニメ化された原作小説

読書初心者は、馴染みのある映画やドラマ、アニメ化された原作小説を読みましょう。 すでに知っている内容の本を読んでも、大丈夫です。 普段から本に慣れていない人は、まずは読むことに慣れなければいけません。 知っている内容の本であれば、読みながら頭で映像化できるので、読むのが苦痛になる可能性は低いでしょう。
まずは本に慣れるという意味でも、原作小説からスタートしてみてください。

さし絵が入った本

さし絵が入った本もおすすめです。本は基本的に文章しかないため、読み慣れてない人からすれば、活字ばかりで疲れてしまいます。 さし絵が入った本にすると文章の息抜きにもなりますし、内容をイメージできるので、読んでいても飽きません。 小説などに抵抗がある場合は、小学校高学年向きの本からスタートしても良いので、楽しく読めそうな本を選びましょう。

趣味や興味のあるジャンル

自分の趣味や興味のあるジャンルの本にしましょう。興味のある内容であれば、読み慣れない本でもスラスラと読めるからです。 好きなジャンルは知識も身につくので、本を読む楽しさも理解できるかもしれません。趣味や興味のあるジャンルの本を読んで、ぜひ本の楽しさを体感してください。

読書環境に良いおすすめグッズ5つ


では、読書環境に最適のグッズを5つ紹介します。 本好きの人がいれば、ぜひギフトの候補にしてください。

p!nto


endProduct2904

座っているだけで、姿勢が良くなるクッションです。姿勢が悪いまま読書を続けると、腰や首がこりやすくなります。 読書中は、本に集中しすぎて猫背になりがちなので、クッションを使って快適に読書をしてください。 こちらのアイテムは、無理なく姿勢を正せるクッションなので、時間を気にせず快適に読書が楽しめるでしょう。

アロマストーン


endProduct2872

アロマの香りに包まれながら、リラックスして読書をしましょう。 バニラフレグランスは、程よく甘い香りに包まれるので癒し効果もバツグンです。 ストーンにフレグランスを垂らすだけなので、火を使いません。そのため、安心して読書に集中できます。

tea time gift

endProduct987

ティータイムとともに、読書を楽しみましょう。 紅茶と一緒に冊子が入っており、好きなお菓子をネットで注文できるようになっています。 自分好みのお菓子を食べながら本をゆっくりと読む時間は、至福のひとときとなるでしょう。

リボンしおり


endProduct2700

本を読む人に欠かせないのは、しおりです。 革のしおりは、使うたびに馴染んできて、読んだ本の数とともに味わい深いものになっていくでしょう。 名前を刻印できるので、プレゼントにもぴったりの商品です。

LASMO LED ホワイト色


endProduct3024

夜の読書を快適にしてくれるライトがあります。 手元を照らしてくれるので、寝る前の読書に最適です。 1つ1つ分離できるライトなので、必要に応じて数を変えて灯りを調整してください。 バラバラに使えるので、夜の廊下や階段に分けて置くなど、用途に合わせて使用できます。

読書は自分を磨くスキルが身につくのでおすすめ

読書をすれば、読解力や語彙力、文章力、コミュニケーション能力などのスキルが身に付きます。 これらのスキルは仕事や生活面で役に立つので、持っておいて損はありません。
しかし、いきなり本を読もうと言われても何を読むべきか分からないと思います。 普段から本に慣れていない人は、まずは親しみやすい本を選んで読むようにしましょう。短い文章でも良いので、活字に触れていけば、どんどん本が読めるようになっていきます。
これを機会に、本を手に取りたくさん読んでいきましょう。


endContent822

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
小物・文房具・本チーム

小物・文房具・本チームはプレゼントしたい文房具や小物、貰いたい本など、遊び心をくすぐるちょっと変わったグッズまでオシャレなアイテムをご紹介します!