メニュー

疲れているのに寝付きが悪いのはなぜ?


疲れているのに寝付きが悪いという状態は、人間をとても悩ませるものです。 体力があり余っていて、元気だからこそ眠れないならまだしも、疲れている上に翌日仕事があるときに寝付きが悪いと、ものすごくストレスがたまるでしょう。

寝付きが悪いと、夜たっぷり睡眠をとれず体を休ませることが難しいので、翌日になっても頭がぼーっとしていたり、仕事に集中することが困難な状態が続きます。 人によっては、仕事中にどうしても眠くなって仕事に悪影響が出る人もいます。

寝付きが悪いのは、あなたの生活習慣や睡眠に対する考え方が影響している可能性もあります。 そこで今回は、あなたの寝付きが少しでも良くなるように、寝付きが悪いときにチェックすべき項目や、寝付きを良くするための対策について確認していきましょう。

これが原因かも?寝付きが悪いときにチェックすべき項目一覧


ここではまず、寝付きが悪いときにチェックすべき項目一覧について見ていきましょう。

昼と夜のメリハリはついている?

睡眠とは、夜に限った話ではなく、昼も夜も含めて24時間の生活の中に睡眠があります。 そのため、夜の時間帯だけをどうにかするのではなく、一日全体の中で睡眠について考えるようにしましょう。

昼も夜も活発に動いていると、人間としてはどのタイミングで休むべきなのかがわからなくなってしまいます。 昼は活動的に動き、夜はリラックスするという昼・夜のメリハリをつけるようにしましょう!

夜はリラックスできている?

寝付きが悪い人は、夜になっても頭が活性化してリラックスモードに入れていないかもしれません。 体と頭が寝るための準備をしていくためにも、夜はリラックスすることを心がけましょう。

適温で入浴している?

毎日の忙しい生活の中、シャワーだけで済ませている人も多いですよね。 血行を良くするためにも、できれば38〜41度くらいの温度で入浴しましょう。

寝室はスッキリとした空間になっている?

寝室がごちゃごちゃしていると、それだけで寝付きが悪くなる人もいます。 寝室は寝るための場所なので、空間を作ることも大切です。

寝る前にスマホやパソコンを見ていない?

寝る前にスマホやパソコンの光を浴びると、脳や体が活性化してしまいます。寝る前はなるべくこれらを見ないようにしましょう。

寝付きが悪いとき、眠れなくて焦っていない?

寝付きが悪いときに焦ってしまうと、余計に眠れなくなります。寝付きが悪いときでも焦らないようにしましょう。

寝る前にカフェインやアルコールを摂取していない?

寝る前にカフェインやアルコールを摂取すると、体が活性化してしまうことが多いです。 寝る時間が近づいてきたら、カフェインやアルコールの摂取は控えましょう。

寝付きを良くするための対策


寝付きが悪い人は、以上の項目のうち何個か思い当たるところがあったかもしれません。 ここからは、寝付きを良くするための対策について見ていきましょう。

寝室内の断捨離

寝付きが悪い人の中には、寝室にもかかわらずさまざまな荷物が散乱している人が少なくありません。 中には、ベッドや布団の上にも荷物が乗っている人もいるでしょう。

そもそも寝室内の荷物が多い場合は、一度荷物を減らす必要があります。 夜ゆっくり眠るためにも、寝室内の断捨離をしてみてください。

寝室では仕事をしない

寝室に仕事を持ち込んでしまうと、眠る直前まで頭と体が活性化してしまいます。 「寝室では仕事をしない!」というルールを自分の中で決めるだけでも、睡眠への良い影響が出てくることが多いです。

スマホやパソコンを寝室に持ち込まない

寝室で仕事をしなくても、つい夜中にスマホやパソコンを見てネットショッピングをする癖がある人もいるでしょう。 夜中にスマホやパソコンのライトを浴びないようにするために、そもそもこれらを寝室に持ち込まないのがおすすめです。

夜に寝る前はハーブティーを飲む

寝付きが悪い人は、夜に寝る前にハーブティーを飲むことを習慣にしてみるのはいかがでしょうか? ハーブティーは、ノンカフェインですしリラックス効果のあるものもたくさん種類があります。 ぜひ、お気に入りのものを見つけてみてくださいね。

リラックスできるアロマオイルを使う

なかなかリラックスすることが難しい人は、枕元にアロマオイルを垂らすなど、香りの力を活用してみるのもいいですよ。 自分がリラックスできる香りや良い気分になれる香りなど、いろいろな香りを試してみるとお気に入りの香りが見つかるかもしれません。

自分に合ったオーダーメイドの枕を作る

寝付きが悪い人は、枕を見直してみるといいかもしれません。 枕は、なんとなく購入したものをそのまま使い続けている人が多いですが、最近では、オーダーメイドの枕を気軽に作れるようになりました。

寝付きが悪い状態が続く場合は、一度、オーダーメイドの枕を作ることも検討してみましょう。

どうしても眠れないときは一度ベッドから出てOK

寝付きが悪い人の中には、眠れなくてもベッドから起き上がってはいけないと考えている人が多いです。 確かに、一度ベッドから起き上がると体が活性化してしまう可能性もありますが、いつまでも眠れないのにベッドの中に入り続けていると、気分がめいってくるものです。

どうしても眠れないときは、一度ベッドから起き上がったり、ハーブティーを飲んで心を落ち着かせたりしてみましょう。

寝付きが悪い人へのプレゼント5選


さて、ここからは寝付きが悪い人に贈りたいプレゼントを具体的に選んでいきましょう。

オーダーメイド枕のギフトチケット


endProduct3054

最初にご紹介するのは、オーダーメイド枕のギフトチケットです。 寝付きが悪い人は、使っている枕が自分に合っていない可能性もがあります。

枕を自分で変えるのは、つい後回しになっている人が多いので、オーダーメイドの枕を作れるチケットをプレゼントしたらとても喜んでもらえますよ。

カーテンを自動で開閉してくれる「めざましカーテン」


endProduct3157

こちらは、カーテンを自動で開閉してくれる「めざましカーテン」です。 タイマー機能を使って、自分が設定した時間にカーテンを開閉してくれるので、カーテンが開き陽の光とともに目を覚ますことができます。

おやすみノイズスピーカー


endProduct2865

続いてご紹介するのは、おやすみノイズスピーカーです。 こちらのスピーカーは、リラックスできる音が8種類内蔵されています。

心地よい音とともに、心が穏やかになる空間を演出してくれるスピーカーです。

ハーブティー「ベストセレクション」


endProduct1072

夜に寝る前に飲むドリンクは、ハーブティーがおすすめです。 こちらのハーブティーのボックスには、5種類のティーバッグが入っているので、その日の気分によってお好きな味を楽しむことができます。

寝付きが悪い人の救世主!CBDバスボム


endProduct2410

最後にご紹介するのは、寝付きが悪い人の救世主となるCBDバスボムです。 リラックスできる香りに包まれながら一日の疲れをとりましょう。

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
インテリアチーム

プレゼントに喜ばれるオシャレなインテリアグッズや、お部屋のコーディネート情報についてお届けします♪