メニュー

サンタさんの正体がバレた時の返し方の例

サンタさんを演じてきた両親からすれば、正体がバレてしまったときは焦ってしまうことでしょう。 いざというときに、しどろもどろな言い方にならないように、じょうずな返し方を考えておくと安心です。 今回は、5つの返し方の例を紹介するしますので、参考にしてみてください。

返し方例1:いると言い張る

まずは、「サンタさんはいる」と言い張る方法です。 半信半疑な子どもに対してなら、堂々とした口調で伝えれば信じてくれます。 また、「サンタさんは、信じている子どものところへしか来ないんだよ」と、信じていないとプレゼントがもらえないことを伝えてみましょう。 ただし、完全にいないと感じている子どもには通用しない場合があるので、その場合は2つ目の例を参考に話をしてみてください。

返し方例2:フィンランドに本当にいると伝える

クリスマスに、プレゼントを置いているのは両親という事実は伝えつつ、フィンランドにはサンタさんが本当にいることを話しましょう。
しかし、子どもにサンタさんはフィンランドにいると伝えても、よく分かっていない子もいると思います。 その場合は、本物のサンタから手紙が届く「サンタさんの手紙」を利用してみてください。 フィンランドから、子ども宛に手紙が届きます。 手紙は、英文や日本語(ひらがなもしくは、漢字)の中から選べるので、好きな字体を選択しましょう。
また、プレゼントを渡しているのは親だと正直に伝えると、サンタさんが来てくれない理由を聞かれるかもしれません。 そのときは「サンタさんは1人で世界中を回らなければいけないから、優先して親がいない子や貧しい子のところへ行っているよ。」と答えてあげましょう。

返し方例3:サンタは職業だと伝える

こちらは、子どもに嘘をつくのは心苦しいけど、夢を壊すのも忍びない方におすすめの方法です。

少しとんちのようにもなってしまいますが、「サンタクロースは職業なので存在する。」「サンタクロースはひとりしかいないから1日で世界中を回るのは無理。だからパパとママが仕事を委託されている」「元祖サンタはもう亡くなっているから、今のサンタはその志を引き継いだ人たちのこと」などと伝えるのはいかがでしょうか。

世界を見てみますと、サンタクロースの研修やレースなどたくさんのサンタクロースが一堂に会しているイベントも多くあります。また、サンタクロースの元祖ともいえる聖ニコラスはもう亡くなっているので、現在いるサンタクロースたちは看板や意志を引き継いだ人々ともとらえられるのです。
この理屈で説得すれば、親は「臨時サンタ業」をしていたことになるので子どもに嘘をついていることにもなりません。

返し方例4:あなたはどう思う?と返す

子どもにサンタの正体を聞かれたら、「あなたはどう思う?」と聞き返す方法もあります。 「いないと思う」と言われたら、否定をせずに理由を聞いてみましょう。 「友達が言ってたから」という理由であれば、「信じてないから、その子にはプレゼントが来なかったのかもしれないね」や「本当は、ママやパパがプレゼントを準備しているんだよ」と正直に伝えるのかを考えておきましょう。 理由を聞いてあげたうえで伝えてあげれば、子どもは納得してくれるはずです。

返し方例5:サンタを卒業する

サンタの正体がバレたら、本当のことを伝えて卒業しましょう。 年齢的にごまかしが効かなくなるときや、幾度となく言っても信じてくれなくなるときが来ます。 そんなときは、意地を張らずに正直に伝えましょう。 少しばかり寂しいかもしれませんが、クリスマスは特別な日です。 今まで通り、ごちそうやケーキを食べて楽しく過ごしましょう♪


endContent243

【気をつけよう】サンタの正体がバレる瞬間

では次に、正体がバレた瞬間はいつなのかについて紹介します。 分からないように隠しているつもりでも、思わぬところでバレる可能性があるので、以下の例を参考にしてください。

正体がバレる瞬間1.友達にバラされた

まずは、友達にバラされたパターンです。 学校で、サンタの正体は親だと言ってしまう子供もいます。 特に、上の兄弟がいる場合は、早いうちから正体を知っている子もいるでしょう。 もし、自分の子が正体を知ったときには、信じている子の夢を壊さないためにも、他の子には言わないように教えておく必要がありそうです。

正体がバレる瞬間2.プレゼントが見つかった

そして、サンタさんからのプレゼントが見つかってしまった場合です。 分からないところに隠したつもりでも、ふとした瞬間に見つかってしまう可能性があります。 プレゼントを隠したうえで、すけないような袋に入れて見つからないようにしましょう。

正体がバレる瞬間3.置いているところを見られた

次に、子どもが寝たと思ってプレゼントを置いたのに、寝ていなくて見られてしまったというパターンです。 眠りが浅ければ、親が部屋の出入りをするだけで目が覚めてしまう場合があります。 置いている瞬間を見られてしまえば、言い訳の術がありません。 見られてしまった場合は、下手な言い訳をせず、サンタの正体について本当のことを伝えてあげるのがベストです。

正体がバレる瞬間4.テレビやネットなどで知った

最近では、子どもでも簡単に情報収集ができるようになりました。 親のスマホで検索をしたり、テレビでサンタの正体について話している番組を見てしまったり、思わぬところでバレる瞬間があります。 子ども自身も、悪気はないままなく知ってしまうので、ショックが大きいかもしれません。 正体を知って落ち込んでいる子どもには、優しくフォローしてなるべく傷つけない方法で真実を伝えるようにしてください。


endContent884


endContent1444

サンタの正体を知った子どもへのクリスマスプレゼント

サンタの正体を知ってしまった子どもには、親から直接プレゼントを送りましょう。 サンタ業務は終了してしまいましたが、クリスマスプレゼントという新たなイベントが始まりました。 ぜひ、子どもと一緒にクリスマスプレゼント選びをしましょう。

バランススクーター

endProduct900

体重移動で動く、バランススクーターです。 子供から大人まで楽しめるので、休みの日に家族みんなで公園に行って遊びましょう。 バランススクーターは、20kg以上の子供から大人まで使えます。小さな子どもが勝手に乗っても、動く心配はありませんので安心してください。

光る!つかめる!不思議な水!

endProduct3412

小学生くらいの子どもには、実験セットをプレゼントしてみましょう。 水と材料を手順通りに混ぜていくだけで、つかめる水が完成します。 また、つかめるだけでなく、ラメやビーズをいれたり、付属の粉で水のかたまりを光らせたりとアレンジも可能です。 子どもの好奇心を刺激できるので、おうち時間を活用して実験してみてください。

折りたたみ鉄棒

endProduct3349

次は、折りたたみ鉄棒です。 90〜130cmの5段階で高さ調節が可能なので、成長に合わせて長く使えます。 握力の向上やジャンプ力、腕力も養われる鉄棒は、子どもの成長のために積極的に取り入れたいと思うことでしょう。 折りたたみ式なので、かさばらないのも嬉しいポイントです。

恐竜発掘セット

endProduct880

恐竜の化石の発掘は、男の子の憧れです。 付属のミノとハンマーを使って、リアルな発掘体験をしましょう。 誰もが知っているティラノサウルスから、マニアックな恐竜まで発掘できてしまいます。 発掘後は、骨を組み立てて恐竜を作りましょう。

いちごのかわいすぎる萌(も)え断ケーキ

endProduct629

クリスマスといえば、ケーキです。 見た目がかわいいのはもちろんですが、ケーキをカットすれば、かわいすぎる断面が現れます。 クリスマスの夜を華やかにしてくれるケーキを買って、家族みんなで楽しく食べましょう。

サンタさんの正体がバレても動揺せずに答えてあげよう

まだまだサンタの存在を信じてほしいけれど、思わぬところでバレてしまう可能性もあります。 いざというときに焦らないためにも、返し方を考えておきましょう!


endContent903

注目の記事

この記事を書いた人

meechoo編集部
お祝いチーム

父の日や母の日のお祝いから、入学式や退職祝いといったライフイベントまで、祝いたい気持ちを大切にする方に読んで欲しい記事を中心にご紹介♪